構造品質保証研究所株式会社
代表取締役 五十嵐 俊一

SRF工法は、ポリエステル製のベルトやシートで、人が包帯を巻いたりやテーピングをするように建物を被覆する方法です。コンクリートの建物や新幹線の高架橋では既に多くの実績があり、耐震被覆とも呼ばれ、公的機関の評価も受けています。SRF工法は、木造にも最適です。最近では、京都の東本願寺大虹梁を始めとして歴史的な木造建築にも使われています。

木造戸建て住宅は、阪神大震災のような衝撃的に上下左右に大きく揺れる大地震を受けると土台と基礎の間や、柱と梁の間、また、合板と梁や柱の間の接合部が外れてバラバラになって倒壊します。また、東南海地震のようなマグニチュードの大きい地震を受けると長い時間、何度も揺れるので揺れ幅が次第に大きくなり柱が倒れて屋根を支えられなくなり潰れます。SRF工法を用いれば、ベルトを適宜の長さに切って、接合部に貼り付けることで、木材や基礎に穴を開けずに簡単に補強することができますので、接合部がバラバラになることを防ぎます。施工が簡単ですので、全ての接合部に貼り付けることも可能です。また、ベルトを柱や梁に巻きつけて止めることで、大きな力や変形を多数受けても外れず、元に戻る力を発揮させることができます。木造SRF工法の特徴、試験結果、施工法、材料、実績などの詳しい説明は、以下にありますので、是非ご覧ください。パンフレット等の資料もダウンロードできます。ご質問、ご意見をお待ちしています。

SRFが中心の改修工事全景 昇降口の下階壁抜け柱の耐震被覆 廊下側の改修工事中 柱の耐震被覆工事
東本願寺大虹梁   施工の様子(接合部)   施工の様子(基礎)   施工の様子(際貼り)
木造改修関連ページへのリンク
1.施工(木造)
2.木造施工実績
3.木造実験
4.木造の計算例
5.自分でできる耐震改修
6.自分でできるSRFキット
1.SRF工法木造チラシ …[PDF 618KB]
2.SRF工法木造際貼りチラシ …[PDF 1.82MB]
 
具体的な建物のご相談については、 こちら から