構造品質保証研究所 サイトマップ Q&A お問い合わせ

ご意見・ご相談窓口 採用情報 オンラインショップ 会社案内
土木学会正会員
地盤工学会正会員
日本建築学会会員
ASCE(American Society of Civil Engineers)正会員

昭和 54年 東京大学土木工学科卒業
昭和 61年 マサチューセッツ工科大学 建設工学科構造部門 修士課程修了
平成 1年 東京大学に提出した論文により工学博士

昭和 54年より平成9年まで 大成建設株式会社勤務

平成 9年より平成11年まで イスタンブール工科大学客員教授

平成 11年7月より現職

●主な論文、著書

Soft Retrofitting for old buildings,Proc. 3rd Japan-Turkey workshop on earthquake engineering,February 22, 2000, Istanbul

部材表面を包絡する伸展性補強材の補強効果,コンクリート工学年次大会論文集,Vol24,2002.6

SRF補強技術、2003年1月、構造品質保証研究所(株)刊、ISBN4-902105-00-4.
東洋大学工学部環境建設学科教授を経て、平成14年4月から
攻玉社工科短期大学 学長に就任。

東京大学名誉教授

昭和 31年 東京大学工学部土木工学科卒業
昭和 33年 東京大学数物系研究科土木工学専攻修士課程修了
昭和 36年 東京大学数物系研究科土木工学専攻博士課程修了

●主な論文、著書

「被害から学ぶ地震工学」 鹿島出版会、1992年 (共著)

日刊工業新聞文化賞受賞、土木学会出版文化賞受賞

「破壊のシミュレーション」 森北出版、1997年 土木学会出版文化賞受賞

「10秒前大地震警報システム」(共著)、自然、1972年、9月

「計算機により制御されたはりの動的破壊実験」(共著)

土木学会論文報告集、1969年、171,1-9

●受賞歴

土木学会論文賞受賞(1989年)

日本建築家協会会員、日本建築学会会員

株式会社 團紀彦建築設計事務所 代表取締役
http://www.dan-n.co.jp

昭和 54年 東京大学工学部建築学科卒業
昭和 57年 東京大学大学院修了(槙文彦研究室:専攻/建築及び都市デザイン)
昭和 59年 米国イェール大学建築学部大学院修了

●主な作品等

○展覧会
 1996  “RIBA Emerging Architects in Japan”/ RIBA GALLERY ONE(ロンドン)
     “ミラノトリエンナーレ” / Palazzo dell'Arte(ミラノ)
 1997  “ Japan2000”/ シカゴ美術館、サン・フランシスコ空港美術館、
      ベルリン世界文化会館

○受賞歴
 1979  東京大学卒業計画賞受賞
 1987  第一回吉岡賞受賞
 1995  1995年新日本建築家協会JIA新人賞受賞
 1999  1999年日本建築学会賞業績賞受賞

○代表作
 1985 ヴィラ森井(栃木県那須郡)【第一回吉岡賞】
 1988 新島グラスアートセンター(東京都新島)
 1994 八丈島のアトリエ(東京都八丈島)
     【1995年新日本建築家協会JIA新人賞】
     ローソン東富士ゲストハウス(静岡県御殿場)
 1995 INFINIT江迎町文化会館(長崎県北松浦郡)
 1996 旧軽井沢倶楽部ハウス(長野県軽井沢町)
 1998 上林暁文学記念館(高知県幡多郡)
 1999 スプリングス日吉(京都府船井郡)

○設計競技等
 1998 西京極総合運動公園プール棟他新築工事設計競技(一等)

○論文
 1990.1 「イデアの航跡としての建築」建築文化(彰国社)
 1990.8 「建築の要素とその構成」建築文化(彰国社)
 1996.11 「第三の地形」新建築(新建築社)

▲このページのトップ