構造品質保証研究所 サイトマップ Q&A お問い合わせ

微動による診断 ご意見・ご相談窓口 採用情報 オンラインショップ 会社案内
SQAの微動診断は、建物や施設に複数の微動受振計を設置し、常時の揺れを測定・分析して、診断します。収録・分析用のコンピューターが、構造的な弱点、大地震発生時の揺れの大きさと特長などを瞬時に計算します。微動受振計はワイヤレスタイプですので、どんな場所でも設置できます。建物や施設に設置した微動受振計の測定値を、収録・分析用コンピューターにリアルタイムで取り込み診断しますので、従来では考えられない、短時間での診断を可能にしました。
従来の診断は図面に基づいて現地調査、診断計算を行いましたが、微動診断は建物の揺れを直接測定して評価するため、図面がなくても診断できます。
兵庫県南部地震で被災した建物に適用し、被災度、他の計算との整合性があることが確認されています。すでに全国で実施された数十の測定評価事例でも、建築防災協会の耐震性指標、動的解析などの詳細な構造計算の結果との比較検討でも有効性が確認されています。微動診断によって計算されたエネルギー安全率は、構造物、周辺地盤等の多くの情報を含んでおり、詳細な構造特性を把握することが出来ます。そのため、構造物の耐震性をより詳細に判断する指標として用いることが可能です。
従来の診断は、現地調査、コンクリートのコア抜き強度試験をし診断計算を行うため時間と費用もかさみました。微動診断は、建物の揺れで測定し評価するため、診断に要する費用を大幅に軽減します。
構造物に配置した複数の微動受振機で構造物の揺れを直接収録し、構造物の変形状態をコンピューターで分析することで、大地震での変形量、破壊に対する安全率を直接計算することができます。