構造品質保証研究所 サイトマップ Q&A お問い合わせ

ご意見・ご相談窓口 採用情報 オンラインショップ 会社案内
2004年11月〜2006年に東京大学地震研究所 壁谷澤教授指導の下で実施された実験により、SRF被覆材を片側から貼り付けた補強法から、両側に貼り付けて入り隅に金物を用いた補強まで、各種の補強法で、壁の耐力と靭性を向上させることが確認されました。さらに、設計は、鉄筋コンクリートの設計式で、補強材を鉄筋に換算しておこなうことができることが検証されました。
RC-M
無補強
SRF-W
壁板の片側にSRF被覆材を貼り付け
SRF-CW
壁板と柱の片側にSRF被覆材を貼り付け
SRF-CWS
壁板と柱の片側にSRF被覆材を貼り付けて柱下端を螺旋巻き
SRF-A
壁板と柱の両側にSRF被覆材を貼り付け入り隅を金物補強
SRF-X
壁板の隅に穴を空け金物を入れて筋交い状にSRF被覆材巻きつけ
耐震被覆(SRF工法)した鉄筋コンクリート壁は、ひび割れがほぼ均等に入っているが、無補強(鉄筋のみ)の壁は、一箇所のひび割れが大きく開いて破壊しています。
無補強(RC) 耐震被覆(SRF工法)(裏側)
入り隅部にアングル等を設けず、片面から被覆しただけでも、SRF被覆材はひび割れの拡大に対して引張歪を発生し、ひび割れを跨いでコンクリートに応力伝達していることが確認されています。
壁板部分だけに片側からSRF被覆材を貼ったもの(W型)でも、耐力と靭性が向上していることが確認されています。さらに柱端部を螺旋巻きにして拘束すること(CWS)で、十分な(F値2相当)の靭性が得られます。柱の軸耐力まで被覆し、A型あるいはX型とすることで、F値3相当の大きな靭性を得ることができます。
大型連層開口壁実験
2007年11月には、京都大学河野研究室で大型の壁被覆実験が行われ、開口壁の片側からの補強でせん断破壊を防止できることが実証されました。
試験全景 壁板のW型被覆(写真の裏側に被覆材が貼ってある効果でひび割れが分散し幅も制限されています) 側柱のC型被覆(入り隅にアングル等が無くてもせん断補強効果があることが確認されました)