構造品質保証研究所 サイトマップ Q&A お問い合わせ

ご意見・ご相談窓口 採用情報 オンラインショップ 会社案内
  • 接着剤を塗って貼るだけの簡単工法です。
  • 接着剤は無臭でホルムアルデヒドなどの環境ホルモン懸念物質も
    含まないため、安心してお使いいただけます。
    ※厚生労働省の指定する科学物質(14物質)を含んでおりません。
  • 定着長を長く取ることで大きな変形に追随することができます。
  • 高延性材が柔軟であるため、あらゆる接合部に対応します。
  • 釘打ち穴あけが困難な場所の補強に適しています。
  • 後施工アンカーのように基礎に削孔する必要がないため、
    無筋の基礎でも安心してお使いいただけます。
  • 釘打ち、ホチキス止めができて耐力低下がありません。
【グラフ出典】
試験成績書
(筋交い及びその仕口を耐震被覆した軸組の面内せん断試験)
(財)日本住宅・木材技術センター発行
端部を巻込んで止めることで変形角が1/10を超えても耐力を保ち続けます。実験では装置の限界により変形角1/8で終了しました。
【グラフ出典】
試験成績書
(筋交い及びその仕口を耐震被覆した軸組の面内せん断試験)
(財)日本住宅・木材技術センター発行
柱の引抜き力を基礎に直接伝えます。
ホールダウン金物(HD-25)と同等の耐力を発揮しました。

  既存の構造用合板耐力壁に、SRF際貼り増し打ちを行うことで、耐力壁を一枚増設したと同様の効果を得ることができます。また、一か所で5倍までの壁倍率を得ることができます。
 
  (財)日本住宅・木材技術センター:構造用合板張り幅0.91m耐力壁のくぎ打ち部を耐震被覆(ポリエステル製ベルトを装着)した軸組みの面内せん断試験(SRFの上から更にくぎ打ち補強した場合 試験成績書/平成20年7月29日 より)
木造壁SRF工法の仕様及び性能
既存木造住宅
の構法
本工法による
仕様
壁強さ倍率
(kN/m)
壁基準耐力
(kN/m)
壁基準剛性
(kN/rad./m)
N値計算用の
等価壁倍率
在来軸組構法
および
伝統的構法
大壁 9.8 10.2 1,760 5.2
真壁 9.8 9.9 1,760 5.0
継手間柱真壁 7.5 7.5 2,000 3.8
上下開口耐力壁 6.4 6.4 1,065 3.2
枠組壁工法
耐力壁 9.8 11.8 1,985 6.0
建築防災協会:技術評価報告書より
 
 
高延性材は、延性が高く破断に対する安全率が極めて大きいことが特徴です。各種補強材と厚さを考慮して比較すると、設計歪付近では、連続繊維等と同等の効果を持ち、鉄のように塑性化することなく、連続繊維、アラミドなどが破断する歪を超えても張力を増加させることが分かります。コンクリートブロックに貼り付けて、亀裂幅と張力の関係を実測すると、連続繊維は、0.3mm程度の亀裂幅で、張力が不安定になり、定着長を500mm取った場合でも、2mm程度の亀裂で破壊しますが、SRFは、10mm程度までの亀裂でも安定した張力を維持しました。
▲このページのトップへ