第6回SRF賞シンポジウム「耐震基準の課題と展望」 録画放映中!!
この度、構造品質保証研究所では2018年3月10日に第6回SRF賞シンポジウムを開催いたしました。
SRF賞は、2013年にSRF工法の補強柱が1万本を超えたことを記念して第1回目を開催して以来、今回で6回目を迎えます。 おかげさまで今回もSRF部門で48作品、一般部門で154作品の多くのご応募をいただきました。
本シンポジウムでは、その選考結果発表ならびに専門家による記念講演、パネルディスカッションなどを行いました。 YouTubeにて録画配信しておりますので、ぜひご覧ください。
   
プログラム
13:00 開会
13:00−13:50 特別講演 株式会社安井建築設計事務所 顧問 辻 英一
「テーマ:耐震設計(耐震基準)の現状と提案」
13:55−14:45 講演 構造品質保証研究所 代表取締役社長 五十嵐 俊一
「テーマ:耐震基準 物理的課題と解決策」
14:50−15:40 記念講演 東京大学地震研究所教授 壁谷澤 寿海
「テーマ:極大地震後における建物の継続使用可能性」
15:45−16:05 SRF賞選考経過発表、結果発表、総評、表彰
16:10−16:25 受賞者講演、質疑
16:30−17:30 パネルディスカッション
「テーマ:耐震基準の課題と展望」