構造品質保証研究所 サイトマップ Q&A お問い合わせ

ご意見・ご相談窓口 採用情報 オンラインショップ 会社案内
 
17/6/27 ネパールの学校でSRFによる耐震補強工事が行われています!

ネパール国バグマティ県シンドゥパルチョーク郡に新たに建設する小中学校で、SRFによる耐震補強工事が2016年11月より行われています。
クライアントは上海の語学学校(Education First)。設計・施工をご担当されたSRF研究会会員企業は、株式会社ヨシザワ建築構造設計です。

こちら からダウンロード頂けます。

17/6/26 沖縄県にて専門家向けの耐震セミナーを開催いたします。

【日程】2017年7月14日(金)13:30〜15:30
【会場】沖縄青年会館  ※お申込み後、詳しくご案内致します。
【内容】専門家向けに実例を踏まえてSRF工法の設計・施工方法を詳しくご説明いたします。

参加ご希望の方は、FAXまたはwebにてお申込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

お申込み締切は2017年7月7日(金)ですが、会場の都合上、定員に達した時点で締め切らせていただく場合がございます。予めご了承ください。

17/6/13 SRF研修会資料をアップロードしました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページはこちら から

17/6/9 岩手県にて耐震セミナー及びEP2説明会を開催いたします。

【日程】2017年7月28日(金)
【会場】岩手県産業会館  ※お申込み後、詳しくご案内致します。
【時間】●耐震セミナー(一般の方対象)14:00〜15:00
     ●EP2説明会(専門家対象)15:15〜16:15
【耐震セミナー内容】
耐震診断・耐震補強にご興味のある方、お困りの方を対象にしたどなたでも参加できるSRF工法についてのセミナーです。
【EP2説明会内容】
EP2とは、ユニオンシステム且ミ製Super Build/SS3, Super Build/RC診断2001ユーザー様に対し、SRF工法による補強部材計算を半自動的に行うことができる新たに開発したプログラムとなり、SRF工法を用いた補強計画をより簡易的、効率良く行うことが可能となります。本説明会は、EP2の概要、マニュアルの説明、シミュレーションを通して、EP2をご理解いただく専門家向けの説明会です。

参加ご希望の方は、FAXまたはwebにてお申込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

お申込み締切は2017年7月24日(月)ですが、会場の都合上、定員に達した時点で締め切らせていただく場合がございます。予めご了承ください。

17/5/23 SRF研修会資料をアップロードしました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページはこちら から

17/5/8 大分県にて耐震セミナーを開催いたします。

【日程】2017年6月30日(金)14:00〜16:00
【会場】大分商工会議所  ※お申込み後、詳しくご案内致します。
【内容】耐震診断・耐震補強にご興味のある方、お困りの方を対象にしたどなたでも参加できるSRF工法についてのセミナーです。

参加ご希望の方は、FAXまたはwebにてお申込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

お申込み締切は2017年6月28日(水)ですが、会場の都合上、定員に達した時点で締め切らせていただく場合がございます。予めご了承ください。

17/5/1 山口県にて耐震セミナーを開催いたします。

【日程】2017年5月26日(金)14:00〜16:00
【会場】下関商工会議所  ※お申込み後、詳しくご案内致します。
【内容】耐震診断・耐震補強にご興味のある方、お困りの方を対象にしたどなたでも参加できるSRF工法についてのセミナーです。

参加ご希望の方は、FAXまたはwebにてお申込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

お申込み締切は2017年5月24日(水)ですが、会場の都合上、定員に達した時点で締め切らせていただく場合がございます。予めご了承ください。

17/5/1 福岡県にて耐震セミナーを開催いたします。

【日程】2017年5月18日(木)14:30〜16:30
【会場】福岡商工会議所  ※お申込み後、詳しくご案内致します。
【内容】耐震診断・耐震補強にご興味のある方、お困りの方を対象にしたどなたでも参加できるSRF工法についてのセミナーです。

参加ご希望の方は、FAXまたはwebにてお申込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

お申込み締切は2017年5月16日(火)ですが、会場の都合上、定員に達した時点で締め切らせていただく場合がございます。予めご了承ください。

17/4/21 耐震の変革の改訂版をUPしました。


こちらから参照下さい。

17/4/20 沖縄県にて耐震セミナーを開催いたします。

【日程】2017年7月15日(土)14:00〜16:00
【会場】浦添市産業振興センター 結の街 ※お申込み後、詳しくご案内致します。
【内容】耐震診断・耐震補強にご興味のある方、お困りの方を対象にしたどなたでも参加できるSRF工法についてのセミナーです。

参加ご希望の方は、FAXまたはwebにてお申込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

お申込み締切は2017年7月10日(月)ですが、会場の都合上、定員に達した時点で締め切らせていただく場合がございます。予めご了承ください。

17/4/20 大阪にてEP2プログラムの説明会を開催いたします。
SRF研究会会員様向けですが、当日入会いただくことも可能です。

【大阪会場】
日程:2017年5月23日(火) 13:30〜14:30
会場:グランフロント大阪7階ナレッジサロン ※お申込み後、詳しくご案内致します。

【内容】ユニオンシステム(株)社製Super Build/SS3, Super Build/RC診断2001ユーザーに対し、SRF工法による補強部材計算を半自動的に行うことができる新たに開発したプログラム「EP2」の説明を行います。

参加ご希望の方は、FAXまたはwebにてお申込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

17/4/17 品質管理マニュアル【2016年版】ver1.3を改訂しました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページはこちら から

17/4/14 SRF研修会資料をアップロードしました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページはこちら から

17/4/13 現場見学会のお知らせ。

平成29年5月10日(水)13:30よりSRF工事の現場見学会を開催いたします。 実際の工事の様子をご覧いただけます。 お誘いあわせの上、申込書に必要事項をご記入いただき、FAXにてお申し込みください。

【SRF工事現場見学会概要】
日時:平成29年5月10日(水)13:30〜14:00
場所:熊本県熊本市西区マンション(詳細は申込み後にご連絡いたします)
費用:無料
申込方法:申込書に必要事項をご記入の上、
FAXにてお申込みください。詳しいご案内を差し上げます。
FAX申込用紙ダウンロード
申込〆切:平成29年5月9日(火)

17/3/27 SRF研修会資料をアップロードしました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページはこちら から

17/3/22 現場見学会のお知らせ。

平成29年4月5日(水) 13:30よりSRF工事の現場見学会を開催いたします。 実際の工事の様子をご覧いただけます。 お誘いあわせの上、申込書に必要事項をご記入になりFAXにてお申し込みください。

【SRF工事現場見学会概要】
日時:平成29年4月5日(水) 13:30〜14:30
場所:熊本県熊本市中央区事務所ビル(詳細は申込み後にご連絡いたします)
費用:無料
申込方法:申込書に必要事項をご記入の上、
FAXにてお申込みください。詳しいご案内を差し上げます。
FAX申込用紙ダウンロード
申込〆切:平成29年4月4日(火)

17/3/21 東京、大阪、福岡、仙台にてEP2プログラムの説明会を開催いたします。SRF研究会会員様向けですが、当日入会いただくことも可能です。

【日程】
東京: 2017年3月24日(金)、4月13日(木)、4月27日(木)、
5月18日(木)、6月15日(木)、7月13日(木)、8月24日(木)
大阪: 2017年4月18日(火)、5月25日(木)、6月22日(木)、
7月20日(木)、8月31日(木)
福岡: 2017年3月23日(木)、6月29日(木)

【会場】※お申込み後、詳しくご案内致します。
東京: 構造品質保証研究所株式会社
大阪: グランフロント大阪
福岡: キャナルシティ博多ビジネスセンター
※詳細はお申込時ご案内

【時間】13:30〜14:30

【内容】ユニオンシステム(株)社製Super Build/SS3, Super Build/RC診断2001ユーザーに対し、SRF工法による補強部材計算を半自動的に行うことができる新たに開発したプログラム「EP2」の説明を行います。

参加ご希望の方は、FAXまたはwebにてお申込みください。
東京開催分FAX申込用紙ダウンロード
大阪開催分FAX申込用紙ダウンロード
福岡開催分FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

17/3/15 EP2説明会映像をアップロードいたしました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページはこちら から

17/3/15 活動期の耐震セミナー映像をアップロードいたしました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページはこちら から

17/3/14 第5回SRF賞シンポジウムが開催されました。

3月11日(土)当日の様子を録画映像(YouTube)でご覧いただけます。 ぜひご覧ください。


【第5回SRF賞シンポジウム】

17/3/10 EP2の計算例を会員専用ページにアップロードしました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページはこちら から

17/3/10 福岡にてEP2プログラムの説明会を開催いたします。
SRF研究会会員様向けですが、当日入会いただくことも可能です。

【福岡会場】
日程:2017年3月23日(木) 13:30〜14:30
会場:キャナルシティ博多ビジネスセンター

【内容】ユニオンシステム(株)社製Super Build/SS3, Super Build/RC診断2001ユーザーに対し、SRF工法による補強部材計算を半自動的に行うことができる新たに開発したプログラム「EP2」の説明を行います。

参加ご希望の方は、FAXまたはwebにてお申込みください。
FAX申込用紙ダウンロード(福岡)
オンライン参加申込

17/3/10 品質管理マニュアル【2016年版】ver1.2を改訂しました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページはこちら から

17/3/9 石川県にて耐震セミナーを開催いたします。

【日程】2017年4月27日(木)13:30〜15:30
【会場】金沢商工会議所 ※お申込み後、詳しくご案内致します。
【内容】耐震診断・耐震補強にご興味のある方、お困りの方を対象にしたどなたでも参加できるSRF工法についてのセミナーです。

参加ご希望の方は、FAXまたはwebにてお申込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込
※webからのお申込みの場合、会場は大阪/和歌山にチェックを入れ、下段通信欄に「石川」とご記入ください。

お申込み締切は2017年4月20日(木)ですが、会場の都合上、定員に達した時点で締め切らせていただく場合がございます。予めご了承ください。

17/3/9 大阪にてEP2プログラムの説明会を開催いたします。

【日程】2017年3月16日(木) 13:30〜14:30
【会場】グランフロント大阪7階ナレッジサロン(大阪) ※お申込み後、詳しくご案内致します。
【内容】ユニオンシステム(株)社製Super Build/SS3, Super Build/RC診断2001ユーザーに対し、SRF工法による補強部材計算を半自動的に行うことができる新たに開発したプログラム「EP2」の説明を行います。SRF研究会会員様限定の説明会です。

参加ご希望の方は、FAXまたはwebにてお申込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

17/3/6 木造SRF工法接合部補強工法が愛知建築地震災害軽減システム研究協議会より評価更新を受けました。

【評価更新日】平成29年1月25日
【評価有効期限】平成34年3月31日まで
愛知県 愛知建築地震災害軽減システム研究協議会より耐震性を向上できる補強工法として評価更新を受けました。

17/3/3 SRF研修会資料テーマ13<宿泊施設>をアップロードしました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページはこちら から

17/2/24 EP2プログラムの説明会を開催いたします。

【日程】2017年3月9日(木)13:30〜14:30
【会場】構造品質保証研究所株式会社(東京) ※お申込み後、詳しくご案内致します。
【内容】ユニオンシステム(株)社製Super Build/SS3, Super Build/RC診断2001ユーザーに対し、SRF工法による補強部材計算を半自動的に行うことができる新たに開発したプログラム「EP2」の説明を行います。SRF研究会会員様限定の説明会です。

参加ご希望の方は、FAXまたはwebにてお申込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

17/2/23 EP2 を会員専用ページにアップロードしました。

EP2とは、ユニオンシステム(株)社製Super Build/SS3, Super Build/RC診断2001ユーザーに対し、SRF工法による補強部材計算を半自動的に行うことができる新たに開発したプログラムとなり、SRF工法を用いた補強計画をより簡易的、効率良く行うことが可能となります。

会員限定ページはこちら から

17/1/26 和歌山県にて耐震セミナーを開催いたします。

【日程】2017年3月29日(水)13:30〜15:30
【会場】和歌山商工会議所 ※お申込み後、詳しくご案内致します。
【内容】耐震診断・耐震補強にご興味のある方、お困りの方を対象にしたどなたでも参加できるSRF工法についてのセミナーです。

参加ご希望の方は、FAXまたはwebにてお申込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込
※webからのお申込みの場合、会場は大阪/名古屋にチェックを入れ、下段通信欄に「和歌山」とご記入ください。

お申込み締切は2017年3月22日(水)ですが、会場の都合上、定員に達した時点で締め切らせていただく場合がございます。予めご了承ください。

17/1/17 2017年1月12日にSRF研究会新年会を開催いたしました。

2017年SRF研究会新年会が開催されました。次回2018年は1月11日(木)大阪開催の予定です。

会員限定ページは こちら から

17/1/4 2017年 年頭所感

2017年の年頭所感を掲載しました。
年頭所感

16/10/19 名古屋にて耐震セミナーを開催いたします。

【日程】2017年2月23日(木)13:30〜15:30
【会場】名古屋ダイヤビルディング ※お申込み後、詳しくご案内致します。
【内容】耐震診断・耐震補強にご興味のある方、お困りの方を対象にしたどなたでも参加できるSRF工法についてのセミナーです。

参加ご希望の方は、FAXまたはwebにてお申込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込
※webからのお申込みの場合、会場は大阪/名古屋にチェックを入れ、下段通信欄に「名古屋」とご記入ください。

お申込み締切は2017年2月16日(木)ですが、会場の都合上、定員に達した時点で締め切らせていただく場合がございます。予めご了承ください。

16/11/30 SRF研修会資料テーマ1を<耐震の変革>と改訂しました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページは こちら から

16/11/29 提案書 耐震の変革<想定を超える地震に耐える>をアップロードしました。

詳細は、 こちら からダウンロードしてください。
以下に概要をまとめます。

 近年観測された地震動は、新耐震基準及び耐震診断基準の想定地震動を大きさ、継続時間ともに1桁上回っている。一方、中低層RC系建物は旧基準でもピロティを除けば、倒壊率は数パーセント以下である。現行基準の保有水平耐力、耐震診断の構造耐震指標ともに人命に危害を及ぼすような倒壊等の被害の危険性を判定する精度は理論的にも統計的にも低い。また、これらを割り増しても、構造、高さによっては新築、耐震補強ともに使用継続性確保は望めないことは近年の被害事例から明らかである。

 現行基準の2次設計の想定地震動を観測地震動に近いものにし、保有水平耐力等の計算に代えて地震応答解析により、人命に危害を及ぼすような個々の事象の危険度、及び個々の部材の損傷度等を計算するように改めることで、構造専門家だけでなく、各分野の設計者、施工者、そして、所有者・使用者が個々の部材・仕上げ・設備等の危険度と目標性能について具体的に協議し、合理的な対策を講ずる道を拓くことができる。さらに、既存の部材、留め具等(既存材)が亀裂等を生じた以降に、破壊を防止し耐力を保持させる補強材(高延性材)を既存材の外側に、変形と強度に対して大きな安全率をもつように配置する受動的耐震補強構造を用いることで、想定を超える地震動にも対処することができる。以上を制度化できれば、構造躯体の中に埋め込まれている鉄筋、コンクリートの内の耐震部分を高延性材に置き換え、設計・建設・維持管理コストを削減し、想定被害を大幅に軽減できる。

16/11/16 名古屋にてSRF設計研修会を開催いたします。

【日程】2017年1月26日(木)13:30〜16:00
【会場】名古屋ダイヤビルディング 1号館4階141会議室 
※お申込み後、詳しくご案内致します。


参加ご希望の方は、FAXまたはwebにてお申込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込
※webからのお申込みの場合、会場は大阪/名古屋にチェックを入れ、下段通信欄に「名古屋」とご記入ください。

お申込み締切は2017年1月18日(水)ですが、会場の都合上、定員に達した時点で締め切らせていただく場合がございます。予めご了承ください。

16/10/19 和歌山県にて耐震セミナーを開催いたします。

【日程】2016年11月11日(金)13:30〜15:30
【会場】ホテル三楽荘 ※お申込み後、詳しくご案内致します。
【内容】耐震診断・耐震補強にご興味のある方、お困りの方を対象にしたどなたでも参加できるSRF工法についてのセミナーです。

参加ご希望の方は、FAXまたはwebにてお申込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込
※webからのお申込みの場合、会場は大阪/奈良/和歌山/四国にチェックを入れ、下段通信欄に「和歌山」とご記入ください。

お申込み締切は2016年11月4日(金)ですが、会場の都合上、定員に達した時点で締め切らせていただく場合がございます。予めご了承ください。

16/10/14 大阪事務所に展示・相談コーナーがオープンしました。
詳細はこちら
大阪事務所展示 大阪事務所展示
場所:【大阪事務所】 大阪府大阪市北区大深町/大阪駅・梅田駅徒歩すぐ
16/9/29 愛媛県にて耐震セミナーを開催いたします。

【日程】2016年10月26日(水)13:30〜15:30
【会場】ひめぎんホール ※お申込み後、詳しくご案内致します。
【内容】耐震診断・耐震補強にご興味のある方、お困りの方を対象にしたどなたでも参加できるSRF工法についてのセミナーです。

参加ご希望の方は、FAXまたはwebにてお申込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込
※webからのお申込みの場合、会場は大阪/奈良/四国にチェックを入れ、下段通信欄に「愛媛」とご記入ください。

お申込み締切は2016年10月19日(水)ですが、会場の都合上、定員に達した時点で締め切らせていただく場合がございます。予めご了承ください。

16/9/14 施工チェックシートを改訂しました。

会員限定ページからダウンロードしてください。

16/9/13 現場見学会のお知らせ

平成28年9月15日(木)13:30よりSRF工事の現場見学会を開催いたします。滅多に見る事が出来ない、 実際の工事の様子を見学できる機会です。ご希望の方は、申込書に必要事項をご記入の上、FAXにてお申し込みください。

【SRF工事現場見学会概要】
日時:平成28年9月15日(木)13:30〜15:30
場所:東京都目黒区(詳細は申込み後にご連絡いたします)
      費用:無料
申込方法:申込書に必要事項をご記入の上、
FAXまたはwebにてお申込みください
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込
申込〆切:平成28年9月14日(水)

16/9/8 福岡県にてSRF設計研修会を開催いたします。

SRF研究会会員限定ですが、当日会場にて入会をお申込みいただくことも可能です。

日時:2016年9月15日(木)13:30〜16:00
会場:福岡市(キャナルシティ博多ビジネスセンター)
 ※会場の詳細は申込み後お知らせいたします。

参加お申し込みはこちらから。

16/9/6 延期とさせて頂いておりました、奈良県にて開催の耐震セミナー日程が決定致しました。

【日程】2016年11月9日(水)13:30〜15:30
【会場】北川ビル 中央入口2階 ※お申込み後、詳しくご案内致します。
【内容】耐震診断・耐震補強にご興味のある方、お困りの方を対象にしたどなたでも参加できるSRF工法についてのセミナーです。

参加ご希望の方は、FAXまたはwebにてお申込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込
※webからのお申込みの場合、会場は大阪/奈良/広島にチェックを入れ、下段通信欄に「奈良」とご記入ください。

お申込み締切は2016年11月2日(水)ですが、会場の都合上、定員に達した時点で締め切らせていただく場合がございます。予めご了承ください。

16/8/24 広島県にて耐震セミナーを開催いたします。

【日程】2016年9月29日(木)13:30〜15:30
【会場】広島オフィスセンター7階 第1会議室 ※お申込み後、詳しくご案内致します。
【内容】耐震診断・耐震補強にご興味のある方、お困りの方を対象にしたどなたでも参加できるSRF工法についてのセミナーです。

参加ご希望の方は、FAXまたはwebにてお申込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込
※webからのお申込みの場合、会場は大阪/広島にチェックを入れ、下段通信欄に「広島」とご記入ください。

お申込み締切は2016年9月22日(木)ですが、会場の都合上、定員に達した時点で締め切らせていただく場合がございます。予めご了承ください。

16/8/24 耐震セミナー延期のお知らせ

2016年9月2日(金)に奈良県にて開催を予定しておりました耐震セミナーですが、都合により延期とさせて頂きます。

新たな開催日程が確定次第、改めてお知らせいたします。

ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承頂きますよう、お願い申し上げます。

16/7/27 2016年9月よりSRF設計研修会を内容を更新して開催いたします。

SRF研究会会員限定ですが、当日会場にて入会をお申し込みいただくことも可能です。

【東京会場】
日時:第2水曜日 13:30〜16:00
会場:構造品質保証研究所株式会社

【大阪会場】
日時:第3水曜日 13:30〜16:00
会場:グランフロント大阪7階ナレッジサロン

参加お申し込みはこちらから。

16/7/27 2016年9月よりSRF設計研修会を内容を更新して開催いたします。

SRF研究会会員限定ですが、当日会場にて入会をお申し込みいただくことも可能です。

【東京会場】
日時:第2水曜日 13:30〜16:00
会場:構造品質保証研究所株式会社

【大阪会場】
日時:第3水曜日 13:30〜16:00
会場:グランフロント大阪7階ナレッジサロン

参加お申し込みはこちらから。

16/7/25 施工チェックシートを改訂しました。

会員限定ページからダウンロードしてください。

16/7/22 平成28年(2016年)熊本地震被害状況視察報告書(会員限定資料)をアップロードしました。

会員限定ページからダウンロードしてください。

16/7/22 奈良県にて耐震セミナーを開催いたします。

【日程】2016年9月2日(金)13:30〜15:30
【会場】近鉄奈良駅周辺 ※お申込み後、詳しくご案内致します。
【内容】耐震診断・耐震補強にご興味のある方、お困りの方を対象にしたどなたでも参加できるSRF工法についてのセミナーです。

参加ご希望の方は、FAXまたはwebにてお申込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込
※webからのお申込みの場合、会場は大阪/奈良にチェックを入れ、下段通信欄に「奈良」とご記入ください。

お申込み締切は2016年8月26日(金)ですが、会場の都合上、定員に達した時点で締め切らせていただく場合がございます。予めご了承ください。

16/7/6 SRF施工要領書を改訂しました。

会員専用ページからダウンロードしてください。

16/6/22 「SRF設計プログラム(軸耐力算定 v1.1)」と「軸耐力算定プログラムマニュアル」をアップロードしました。

会員専用ページからダウンロードしてください。

16/6/16 入会時に送付した「SRF工法設計資料添付CD」の名称と内容を改訂しました。

会員専用ページからダウンロードしてください。

16/6/1 「第5回 SRF賞」の募集要項が決定いたしました。

SRF賞は、2013年3月にSRF工法で補強した柱が1万本を超えたことを記念して第1回を開催してから、今回で5回目を迎えます。
今回はSRF部門と一般部門の2部門で、安全で快適な街づくりのアイデアを募集します。賞金総額は300万円です。受付は12月1日、締切は2017年2月1日です。
詳細はこちらをご覧ください。

16/5/27 「熊本地震関連の調査報告書」と提案書「損傷した建物施設に対するSRF工法適用検討資料」を1つのページにまとめました。

「熊本地震関連の調査報告書」および「損傷した建物施設に対するSRF工法適用検討資料」の一覧はトップページ右ボタン「平成28年熊本地震」よりご覧いただけるようになりました。
こちらからもご覧いただけます。

16/5/20 提案書 耐震の原点<使用継続性の確保は計算に頼るのでなく材料と構造で>をアップロードしました。

詳細は、 こちら からダウンロードしてください。
以下に概要をまとめます。

 東日本大震災、熊本地震で、新耐震でも耐震補強済みでも使用継続できない事例が相次いでいる。 周期3 秒以上で超高層ビルも倒壊させる恐れのある地震動が観測された。 現行の耐震診断・補強を根本的に見直し、新旧基準に拘わらず、倒壊防止、使用継続性の確保等の目標性能の設定、これに即した設計法・補強工法の選択と実施を施設の所有者・使用者と地域の行政当局の裁量に委ねることが有効な地震対策を生む。
 M9 クラスの長時間の揺れ、また、震度7 が繰り返し襲うような大地震に対しては複雑な計算を用いる新耐震基準の方法に替えて、高延性材で耐震被覆することが有効である。 鉄筋コンクリート系構造物に関して、東日本大震災で震度6 以上の地域の60 件、そして熊本地震の震度6 以上の地域の7 件で、旧基準建物に耐震被覆を施工した施設(SRF 工法による耐震補強事例)は全て使用継続していることが確認されている。 主要な柱を耐震被覆することは、倒壊を直接防止する上に、建物全体の振動と損傷を抑える効果があることが震度6 以上を7 回掛ける大型震動台実験と上記の実施例調査から導かれている。

16/5/19 平成28年(2016年)熊本地震被害調査報告書に二次調査の内容を追加しました。

先日公表致しました熊本地震被害調査報告書に二次調査の内容を追加しました。SRF工法で補強した建物は全て使用継続しています。
詳細は以下の報告書をご覧ください。

平成28年(2016年)熊本地震被害調査報告(二次調査込み)

16/5/18 SRF研修会資料テーマ1に熊本地震調査を加え、<耐震の原点「+SRF」>と改訂しました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページは こちら から

16/5/18 大阪事務所移転のお知らせ

このたび、下記の通り移転し、5月30日(月)より新事務所において営業を開始する運びとなりましたのでご案内申し上げます。つきましては、住所が下記の通り変更となります。(TEL/FAX番号は現在と同様)
今後とも大阪事務所をお引き立て賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

【移転先】
住  所:〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1
      グランフロント大阪 ナレッジキャピタル8階K818
TEL/FAX:06-6136-3816/06-6377-7727
     ※こちらは現在と同様

16/5/18 第3回「震災対策技術展」大阪に出展いたします。

第3回「震災対策技術展」大阪にて、SRF工法の展示を行います。SRF工法の施工実演や、セミナー (※要予約)も開催いたしますので、お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。
なお、入場には招待状が必要となりますので、ご希望の方は、招待状申込みフォーム よりお申込みください。
(外部サイトへリンクします)

■第3回「震災対策技術展」大阪の概要
開催日:2016年6月2日(木)10:00〜18:00
     2016年6月3日(金)10:00〜17:00
場所:コングレコンベンションセンター(グランフロント大阪内)

〜SRF施工実演スケジュール〜
@10:30〜(柱補強)
A11:30〜(壁補強)
B14:00〜(柱補強)
C15:00〜(壁補強)
※両日共通、構造品質保証研究所ブース内にて実施

〜活動期の耐震セミナー「+SRF」スケジュール〜
日程:2016年6月3日(金)13:00〜13:45
場所:D会場

16/5/2 熊本地震の調査結果を加え、新時代の耐震セミナーを「活動期の耐震セミナー」と改題して内容を更新しました。

2016年4月14日からの熊本地震では、震度6以上の揺れが計7回襲っています。 5月に入っても震度1以上は1100回を超え、活発な地震活動が続いています。 2011年3月11日の東日本大を契機に、九州から北海道まで、大小の地震が起こっており、日本列島は将に活動期に入ったと言えます。 熊本地震、東日本大震災では新耐震でも、20世紀に開発された耐震技術で補強しても、結局、壁にひびが入り、使用中止や取り壊しになる事例が相次いでいます。
SRFは、既存の構造材や留め具に寄り添うようにしなやかで切れない材料を設置することで、上記の厳しい地震にも耐え、施設の使用継続を可能にすることが東日本大震災、そして熊本地震でも確認されています。
セミナーでは、具体的な報告とともに、SRFの材料から実施例まで詳しく説明します。

【日程】
東京:2016年5月11日(水)13:30〜
大阪:2016年5月12日(木)13:30〜
福岡:2016年5月26日(木)13:30〜

詳細・お申込みは こちら から

16/5/2 平成28年(2016年)熊本地震被害調査報告書を公表いたします。

平成28年(2016年)熊本地震被害調査の結果、SRF工法で補強する(耐震被覆する)ことで、震度6以上が7回襲った場合でも部材の損傷を抑え、 機能を維持し、建物の使用継続を可能にすることが確認できました。
詳細は以下の報告書をご覧ください。

平成28年(2016年)熊本地震被害調査報告

16/4/28 平成28年(2016年)熊本地震被害調査報告書(会員限定資料)をアップロードしました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページは こちら から

16/4/22 「SRF設計プログラム(軸耐力算定 v1.0)」と「軸耐力算定プログラムマニュアル」をアップロードしました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページは こちら から

16/4/20 熊本地震で損傷した建物施設に対し、SRF工法での応急補強を提案します。

今回の地震で倒壊の危険性ありとの理由で、機能移転を余儀なくされたり、復旧の目途が立っていないとされる重要な施設に対して、 SRF工法による応急補強、あるいは本格的な耐震補強を実施して早期の利用再開を計ることに資することを願って資料を作成しました。

損傷した建物施設に対するSRF工法適用検討資料
【添付1】RC,SRCからSRFへ
【添付2】天井崩落防止2016
【添付3】SRF 補強実験結果資料 抜粋
【添付4】CB実験結果速報
【添付5】報告書(E-ディフェンス応急補強)抜粋

16/3/24 木造SRF接合部補強工法建築防災協会技術評価 更新のお知らせ

平成28年2月10日付けで木造SRF接合部補強工法の日本建築防災協会技術評価が更新され、 有効期間が平成32年11月14日までとなりました。
木造SRF研究会会員限定ページにて技術評価書・評価報告書のダウンロードが可能です。

木造会員限定ページは こちら から

16/3/14 第4回SRF賞シンポジウムが開催されました。

3月12日(土)当日の様子を録画映像(YouTube)でご覧いただけます。 ぜひご覧ください。


【第4回SRF賞シンポジウム】


【The Symposium on 4th SRF Prize Relay】

16/3/3 「品質管理マニュアルver1.1」をアップロードしました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページは こちら から

16/3/1 第4回SRF賞シンポジウムを開催します。

構造品質保証研究所主催 第4回SRF賞シンポジウムを開催いたします。
本シンポジウムでは、専門家による記念講演や第4回SRF賞の選考結果発表、パネルディスカッションなどを行います。
英語同時通訳でUSTREAMにて配信いたします。
ぜひご覧ください。

日程:2016年3月12日(土)13:00〜17:40
会場:構造品質保証研究所 本社
詳細はこちらをご覧ください。

日本語配信は こちら から
英語配信は こちら から

会場での観覧をご希望の場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

16/2/26 「品質管理マニュアル」を改訂しました。

会員限定ページよりダウンロードいただけるようになりました。SRF研究会会員の方は、会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページは こちら から

16/1/6 2016年1月15日にSRF研究会新年会を開催いたします。

日頃よりお世話になっております会員の皆様方をお招きしてSRF研究会新年会を開催いたします。

日程:2016年1月15日(金)17:30〜19:00(17:15開場)
会場:東京都(詳細はお申込み後にご案内いたします)
参加費:無料

参加ご希望の場合は、 こちらの申込書にご記入の上、申込書に記載のFAXまたはメールアドレス宛にお送りください。
お申し込みをお待ちしております。

16/1/5 2016年 年頭所感

2016年の年頭所感を掲載しました。
年頭所感

15/12/16 「SRF設計プログラムSRF-ep_v2.6」をアップロードしました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページは こちら から

15/12/7 2017年度 新卒採用応募受付をSRFグループとして始めました。

2017年度入社の新卒の方をSRFグループとして募集の受付を開始いたしました。
採用情報ページは こちら から

15/10/30 「2015年版 SRF工法設計施工指針と解説」を刊行しました。

この度、2010年版建築物のSRF工法設計施工指針と解説及び2008年版SRF工法設計施工指針の改訂版として標記書籍を刊行しました。
土木、建築、RC系、木造、柱梁壁の構造補強からCB壁等の崩落防止、天井・設備等の落下転倒防止までの総合設計施工指針としてご活用いただければ幸いです。

15/9/17 「SRF設計プログラムSRF-ep_v2.5」をアップロードしました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページは こちら から

15/9/8 「SRF設計プログラムSRF-ep_v2.4」をアップロードしました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページは こちら から

15/9/4 木造SRF壁補強工法建築防災協会技術評価 更新のお知らせ

平成27年8月21日付けで木造SRF壁補強工法の日本建築防災協会技術評価が更新され、有効期間が平成32年6月13日までとなりました。 木造SRF研究会会員限定ページにて技術評価書・評価報告書のダウンロードが可能です。

木造会員限定ページは こちら から

15/8/25 「SRF設計プログラムSRF-ep_v2.3」をアップロードしました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページは こちら から

15/8/4 大阪事務所移転のお知らせ

8月10日(月)より新事務所において営業を開始する運びとなりましたのでご案内申し上げます。
つきましては、住所及び電話番号が以下の通り変更となります。(FAX番号は現在と同様)
今後とも大阪事務所をお引き立て賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

【移転先】
住所:〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル8階K826
電話番号:06-6136-3816

15/7/28 名古屋にて新時代の耐震改修セミナーを開催いたします。

【日程】2015年7月30日(木) 13:00〜15:00
【会場】名古屋市中村区内
【内容】耐震診断・耐震補強にご興味のある方、お困りの方を対象にしたどなたでも参加できるSRF工法についてのセミナーです。

参加ご希望の方は、FAXまたはwebにてお申し込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込
※webからの申し込みの場合、入力フォームの会場は大阪にチェックを入れ、下段通信欄に「名古屋」とご記入ください。

お申込み締切は2015年7月23日(木)となっておりますが、定員に達していない場合はご参加いただけますので、お気軽にお問い合わせください。

15/6/18 札幌にて新時代の耐震改修セミナー及び品質管理員研修会を開催いたします。

【日程】2015年7月23日(木)
●新時代の耐震改修セミナー 13:30〜15:30
●品質管理員研修会 15:50〜18:00

【会場】札幌市中央区内
お申し込み後、詳しいご案内を差し上げます。

【内容】
●新時代の耐震改修セミナー
耐震診断・耐震補強にご興味のある方、お困りの方を対象にしたどなたでも参加できるSRF工法についてのセミナー

●品質管理員研修会
SRF研究会会員を対象とした品質管理員資格の取得又は更新を目的とした研修会
※研究会入会は随時受付しております。

セミナー・研修会それぞれ個別のご参加も可能です。参加ご希望の方は、FAXまたはwebにてお申し込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込
※webからの申し込みの場合、入力フォームの会場は東京にチェックを入れ、下段通信欄に「札幌」とご記入ください。

お申込み締切は2015年7月17日(金)ですが、会場の都合上、定員に達した時点で締め切らせていただく場合がございます。予めご了承ください。

15/6/5 「SRF研究会NEWS 第7号」を発行いたしました。

SRF研究会会員の方は会員限定ページをご覧ください。
【注目記事】
SRFメインで耐震補強が行われた「四街道市役所」/都内オフィスビル「湯島ビルヂング」

会員限定ページは こちら から

15/5/25 第2回「震災対策技術展」大阪に出展いたします。

第2回「震災対策技術展」大阪にてSRF工法の展示を行いますので、お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。
なお、入場には招待状が必要となりますので、ご希望の方は、招待状申込みフォーム よりお申込みください。

【第1回「震災対策技術展」大阪】
開催日:2015年6月4日(木)、5日(金)
開催時間:10:00〜19:00(最終日は17:00迄)
場所:コングレコンベンションセンター(グランフロント大阪内)
詳しくは、こちら をご参照ください。

15/5/20 家具転倒防止SRFテープを発売いたしました。

本製品は地震による家具(キャビネット、棚、ロッカー等)の転倒を防止するための製品です。
主に耐震補強に用いるしなやかで強靭なポリエステル繊維からなるSRFテープは、金具とは異なり、家具の形状や状況に応じて取り付けることができ、地震の揺れを吸収することができます。

オンラインショップは こちら から

15/5/11 「第4回 SRF賞」の募集要項が決定いたしました。

SRF賞は、2013年3月に、SRF工法で補強した柱が1万本を超えたことを記念して第一回を開催してから4回目を迎えます。
今回は、学生部門、一般部門の2部門でそれぞれ大賞100万円です。受付は、9月1日、締切は2016年1月末日です。主旨と要項は、こちらをご覧ください。

主旨
要項

15/4/23 四国事務所を開設いたしました。

<構造品質保証研究所 SRF建設株式会社 四国事務所> 〒799-1101 愛媛県西条市小松町新屋敷甲238-2
TEL:0898-72-3221 FAX:0898-72-3216

四国事務所
写真)SRFグループ四国事務所

西条市の公共施設では、これまで40棟688本の柱をSRF工法で補強しております。
これから先、四国内の一つでも多くの建物にSRFを使っていただき、安全で快適な街づくりをめざし、SRF普及に努めてまいりますので、宜しくお願いいたします。
15/4/13 「SRF研究会NEWS 号外」を発行いたしました。

SRF研究会会員の方は会員限定ページをご覧ください。
【記事内容】
2015年3月14日開催「第3回SRF賞」シンポジウム特集。
シンポジウム当日の様子、受賞作品をレポートしています。

会員限定ページは こちら から

15/3/20 「SRF研究会NEWS 第6号」を発行いたしました。

SRF研究会会員の方は会員限定ページをご覧ください。
【注目記事】
病院の改修事例(If値を用いた病院のSRF耐震補強工事レポート)

会員限定ページは こちら から

15/3/6 第3回SRF賞シンポジウムを開催します。

構造品質保証研究所創立15周年記念 第3回SRF賞シンポジウム「安全で快適な街づくりに向けて」を開催します。
本シンポジウムは英語同時通訳によるUSTREAMの配信を行います。
日程:2015年3月14日(土)13:00〜17:40
会場:構造品質保証研究所 本社

日本語配信は こちら から
英語配信は こちら から

会場での観覧をご希望の場合は、 こちらの詳細をご覧の上、申込案内に従ってお申し込みください。

15/2/16 テレビ朝日「報道ステーションSUNDAY」でSRFが紹介されました。

2015年2月15日 テレビ朝日「報道ステーションSUNDAY」で、画期的な耐震工法として、SRFが取り上げられました。
震度7クラスの揺れを7回かけても倒壊しない実験映像、東日本大震災での実績、そして、短工期・低コストで、マンションだけでなく庁舎や新幹線の高架橋、木造住宅の補強にも使われている旨が紹介されました。

15/2/13 「SRF研究会NEWS 第5号」を発行いたしました。

SRF研究会会員の方は会員限定ページをご覧ください。
【注目記事】
半導体メーカー工場の改修事例/SRFを用いた天井崩落防止補強

会員限定ページは こちら から

15/1/7 2015年1月15日にSRF研究会新年会を開催いたします。

日頃よりお世話になっております会員の皆様方をお招きしてSRF研究会新年会を開催いたします。

日程:2015年1月15日(木)17:30〜19:00(17:15開場)
会場:東京都(詳細はお申込み後にご案内いたします)
参加費:無料

参加ご希望の場合は、 こちらの申込書にご記入の上、申込書に記載のFAXまたはメールアドレス宛にお送りください。
お申し込みをお待ちしております。

14/12/12 「SRF研究会NEWS 第4号」を発行いたしました。

SRF研究会会員の方は会員限定ページをご覧ください。
【注目記事】
木造SRF基礎補強工法の技術評価更新/横浜市内某マンションのSRF耐震改修事例

会員限定ページは こちら から

14/12/9 「SRF設計プログラムSRF-ep_v2.2」をアップロードしました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページは こちら から

14/12/4 東洋経済オンラインにSRF工法が紹介されました。

「包帯で補強?これが最新のマンション耐震だ」と題して、東洋経済オンラインにSRF工法が紹介されました。
Yahoo!ニュースやニュースアプリの「スマートニュース」でも、国内ニュースのカテゴリー内に掲載されるなど、話題になっています。
東洋経済オンラインの記事は以下からご覧いただけます。ぜひご一読ください。

http://toyokeizai.net/articles/-/54983
(外部サイトへリンクします)

14/12/4 『木造SRF壁補強工法』及び『木造SRF接合部補強工法』が、東京都の「安価で信頼できる木造住宅の耐震改修工法・装置の事例」に再選定されました。

東京都が都民に紹介する「安価で信頼できる木造住宅の耐震改修工法・装置の事例」に、『木造SRF壁補強工法』及び『木造SRF接合部補強工法』が再選定されました。
なお、『木造SRF基礎補強工法』は昨年既に選定されております。

14/12/1 週刊東洋経済にてSRF工法が紹介されました。

2014年12月6日号の週刊東洋経済にてSRF工法が紹介されました。
69ページに掲載されておりますので、ぜひご覧下さい。

14/11/20 木造SRF基礎補強工法建築防災協会技術評価 更新のお知らせ

2014年10月31日付けで木造SRF基礎補強工法の日本建築防災協会の技術評価が更新されました。 更新に伴い、SRF工法での部分的補強の追加、仕上げ材の選択が認められました。
SRF研究会会員限定ページにて以下資料のダウンロードが可能です。詳細をご確認下さい。

・技術評価書・評価報告書
・設計・施工指針更新・変更の要点
・設計・施工マニュアル<基礎補強編>
・木造SRF工法基礎補強特記仕様書・標準図
・木造SRF補強工事実施報告書
・木造SRF補強チェックシート(基礎)

会員限定ページは こちら から

14/11/7 「省エネで安全・快適な建物づくりセミナー」で講演いたします。

協立機電工業株式会社主催「省エネで安全・快適な建物づくりセミナー」にて、「建築物+SRF工法<新時代の耐震>」と題して講演を行います。

日程:2014年11月20日(木)14:00〜17:00
会場:協立機電工業株式会社 本社(地図は別紙参照)

参加ご希望の場合は、 こちらの詳細をご覧の上、申込案内に従ってお申し込みください。

14/10/17 「包帯補強〈SRF〉NEWS」を発行いたしました。

「マンションを耐震改修したいのに、高額な費用負担が見込まれ、使い勝手が悪くなる!」そんな悩みをお持ちではありませんか? マンション住民や管理組合、オーナーの皆様向けに、SRFの利点をまとめました。 耐震改修でお困りの際はぜひこのニュースをご覧いただき、SRFをご採用ください。

「包帯補強〈SRF〉NEWS」は こちら

14/10/15 「SRF研究会NEWS 第3号」を発行いたしました。

SRF研究会会員の方は会員限定ページをご覧ください。
【注目記事】
品質管理奨励金制度開始/大型共同住宅での耐震改修評定取得/筑西市役所のSRF耐震改修事例

会員限定ページは こちら から

14/10/10 SRF工法で耐震被覆した柱がで1万4千本を超えました。

2012年12月に着工ベースで1万本を達成してから、約1年9ヶ月で4千本を達成することができました。これもひとえに皆様のご理解・ご支援の賜物と感謝しております。
今後も、一つでも多くの建物にSRFを使っていただき、安全で快適な社会が実現できるよう、SRFの普及に努めてまいります。

14/9/10 「第3回 SRF賞」特設サイトをオープンしました。

「第3回 SRF賞」の特設サイトがオープンしました。募集要項等、詳細はこのサイトからご確認いただけます。なお、応募は10月20日から開始となります。みなさま、奮ってご応募ください!

特設サイトは こちら から

14/9/4 「SRF研究会NEWS 号外」を発行いたしました。

「SRF研究会NEWS 号外」にて、創立15周年記念式典の様子を紹介しています。SRF研究会会員の方は会員限定ページをご覧ください。

会員限定ページは こちら から

14/8/22 「第3回 SRF賞」SQA創立15周年記念 安全で快適な街づくりへのアイデア募集

私達は、現在の危機には、SRFのような革新的な新技術で、力を合わせて取り組む必要があるとの思いから、 2012年にSRFが1万本を超えたことを契機にSRF賞を創設しました。
この度、第3回として、安全で快適な街づくりへのアイデアを募集し、実現に向け、皆様とともに具体的に取り組みたいと願っています。 夢のようなものからすぐ実現できるものまで、是非、ご応募ください。

応募要項は こちら

14/8/6 「SRF研究会NEWS 第2号」を発行いたしました。

SRF研究会会員の方は会員限定ページをご覧ください。

会員限定ページは こちら から

14/8/5 創業15周年記念式典を開催いたしました。

2014年7月28日(月)、東京ドームホテルにて15周年記念式典を開催しました。日本全国からオーナーの皆様をはじめ、研究会会員企業の皆様、関係者の皆様、総勢約270名の方々にお集まりいただきました。
式典のオープニングでは15周年を記念して製作した『SQAとSRF「15年の歩み」』についての映像を上映し、その後、代表の五十嵐より感謝の言葉と未来に向けての決意を発表させていただきました。

15周年記念式典 五十嵐俊一
写真1)代表 五十嵐俊一より「皆様への感謝と次の15年に向けて」

15周年記念式典の会場
写真2)15周年記念式典の会場の様子

式典の中盤ではSRF賞で誕生したマンガ「包め!!HOTAI-MAN」のキャラクターが登場し、パーティーを盛り上げました。

包め!!HOTAI-MAN
写真3)左からGAINA-MAN、HOTAI-MAN、GENE-WOMAN、当間アイ

最後に、SRFグループ全社員より、お越しいただいた皆様へ感謝の言葉および決意と願いを述べさせていただきました。

SRFグループ社員
写真4)SRFグループ社員全員で挨拶

これから先、一つでも多くの建物にSRFを使っていただき、世界中の街を安全で快適にできるよう、SRFグループの社員が一丸となって、SRFの普及に努めてまいりますので、今後とも宜しくお願い致します。

14/8/5 「SRF設計プログラムSRF-ep_v2.1」をアップロードしました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページは こちら から

14/7/7 「実施予定通知書」、「実施報告書」および「設計見積通知書」のテンプレートがダウンロードいただけるようになりました。

SRF研究会会員の方は、会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページは こちら から

14/7/2 「出荷証明書・試験成績書・製品検査済票依頼フォーム」が
ダウンロードいただけるようになりました。

材料に関する出荷証明書、試験成績書、製品検査済票が必要なSRF研究会会員の方は、会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページは こちら から

14/6/24 テレビ大阪「夕刊7チャンネル」で、SRF工法が紹介されました。

2014年6月17日(火)17:17〜放送のテレビ大阪「夕刊7チャンネル」にて、グランフロント大阪で開催された第1回「震災対策技術展」の構造品質保証研究所展示ブースの模様が放映されました。 大阪事務所の五十嵐順平がインタビューに応え、SRF工法(包帯補強)について紹介しました。

14/6/6 「SRF施工要領書」の内容を改訂しました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードし、ご確認ください。

会員限定ページは こちら から

14/5/27 「SRF設計プログラムSRF-ep_v2.0」をアップロードしました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。

会員限定ページは こちら から

14/5/26 第1回「震災対策技術展」大阪に出展します。

第1回「震災対策技術展」大阪にてSRF工法を展示しますので、お誘い合わせの上、ご来場ください。なお、入場には招待状が必要となりますので、 ご希望の方は、招待状申込みフォーム よりお申込みください。

【第1回「震災対策技術展」大阪】
日時:2014年6月17日(火)、18日(水) 10:00〜17:00
場所:コングレコンベンションセンター(グランフロント大阪内)
詳しくは、こちら をご参照ください。

14/3/26 SRF工法建築防災協会技術評価 追加変更のお知らせ

2014年2月14日付けでSRF工法によるSRC造の柱及び壁補強が、日本建築防災協会の技術評価範囲に加わりました(ただし、充腹型鉄骨部材を内蔵する柱は除く)。また、靱性及び耐力評価について優遇が追加されました。
詳細は、SRF研究会会員限定ページにて「技術評価書」及び「設計・施工指針追加・変更の要点」をダウンロードください。

会員限定ページは こちら から

14/3/6 「新時代の耐震改修セミナー」と銘打って、東京と大阪でセミナー
を再開します。

この度、一般の方々を対象に新たに「新時代の耐震改修セミナー」を開催することになりました。東京では毎月第1水曜日、大阪では毎月第1木曜日に開催します。
耐震診断・耐震補強に興味のある方、お困りの方、SRF工法について概略を知りたい方等、どなた様でもご参加いただけますので、お誘い合わせの上、奮ってご参加下さい。
詳しくは、こちらをご参照ください。

14/2/4 木造研究会会員限定ページに木造SRF工法特記仕様書・標準図(基礎、壁、接合部)を掲載しました。

木造SRF工法特記仕様書・標準図(基礎、壁、接合部)の改訂に伴い、木造研究会会員限定ページよりダウンロードいただけるようになりました。

会員限定ページは こちら から

14/1/21 『木造SRF基礎補強工法』が、東京都の「安価で信頼できる木造
住宅の耐震改修工法・装置の事例」に選定されました。

東京都が都民に紹介する「安価で信頼できる木造住宅の耐震改修工法・装置の事例」に、『木造SRF基礎補強工法』が選定されました。 なお、『木造SRF壁補強工法』、『木造SRF接合部補強工法』は既に東京都が選定する工法として紹介されており、これで木造SRF工法は基礎・壁・接合部すべてにおいて「安価で信頼できる木造住宅の耐震改修工法・装置の事例」に選定されました。

選定結果については、こちらをご参照ください。

14/1/14 大阪でSRF研修会を開催します。SRF研究会会員限定の研修会
ですが、当日会場でお申し込みいただくことも可能です。

1.日時:2014年2月14日(金)13:30〜16:30
2.会場:グランフロント大阪7階ナレッジサロン
※お申し込み後、詳しいご案内を差し上げます。
3.内容
 テーマ1 SRFによる新時代の構造物
 テーマ2 耐震診断とSRFによる基準値クリア

ご参加いただく場合は、FAX、webにてお申し込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

14/1/6 平成二十六年の年頭所感を掲載しました。

こちらからご覧ください。

13/12/17 SRF研修会 第2部にテーマ14「耐震診断とSRFによるIs値クリア」
を追加しました。

■ 2014年1月15日(水)13:30〜
テーマ14「耐震診断とSRFによるIs値クリア」
不特定かつ多数の者が利用する5000m2以上の建物について耐震診断が義務付けられるなどIs値をクリアする補強のニーズが急速に高まることを受け、耐震診断とSRFによるIs値クリアについて豊富な実例を用いて説明します。

SRF研修会はSRF研究会会員様限定の研修会となっておりますが、当日会場にて入会お申し込みいただくことも可能です。SRF研究会 設計部会は無料で入会いただけますので、お気軽にご参加ください。

お申し込みはこちらから。
テーマ一覧は こちら からご確認いただけます。

13/12/9 際貼り増し打ちSRF工法が特許登録されました。

平成25年11月22日付で 『架構への面材の定着工法および定着構造(特許第5415156号)』 が特許登録されました。

際貼り増し打ちSRF工法についてはこちらをご参照ください。

13/11/18 常設展示コーナー&相談コーナーを開設しました。

構造品質保証研究所の創設15周年を記念し、本社内に、常設展示コーナー&相談コーナーを開設しました。
随時、見学と相談の申し込みを受け付けさせていただきますので、お気軽にお申込みください。

常設展示見学および来社相談はこちらから。

13/10/30 SRF工法で耐震被覆した柱が着工ベースで1万2千本を超え
ました。

2012年12月に着工ベースで1万本を達成してから、約10ヶ月で2千本を達成することができました。これもひとえに皆様のご理解・ご支援の賜物と感謝しております。
今後も、一つでも多くの建物にSRFを使っていただき、安全で快適な社会が実現できるよう、SRFの普及に努めてまいります。

13/9/24 各地でSRF研修会および品質管理員研修会を開催します。
名古屋、広島でSRF研修会、大阪、名古屋で品質管理員研修会を開催します。SRF研究会会員限定の研修会ですが、入会は随時受け付けており、 当日会場にてお申し込みいただくことも可能です。聴講のみも可能です。

●SRF研修会(@名古屋、A広島)
1.日時/場所
@2013年10月18日(金)13:30〜15:50/名古屋市内
A2013年10月24日(木)13:00〜16:00/広島市内
お申し込み後、詳しいご案内を差し上げます。

2.内容
・第一部:SRF工法の材料と強度計算法、設計プログラムの使用法、実施例等の解説。
・第二部:東京会場で実施しているテーマ別セッションの総括的な解説。「安全」に加えて「快適さ」をテーマにした内容。

●品質管理員研修会(@大阪、A名古屋)
1.日時/場所
@2013年10月17日(木)13:30〜15:30/大阪市内
A2013年10月18日(金)16:00〜18:00/名古屋市内
お申し込み後、詳しいご案内を差し上げます。

2.内容
・SRF技術概要・施工法・効果等の説明
・修了試験
・質疑応答

ご参加いただく場合は、前々日までに申込用紙をFAXしていただくか、webの応募フォームよりお申し込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

13/9/20 SRF工法(包帯補強)で補強した壁が着工ベースで1000枚を超えました。

2013年9月19日付けで、SRF工法により補強した壁が着工ベースで1000枚を突破しました。これもひとえに皆様のご理解・ご支援の賜物と感謝しております。
今後、一つでも多くの建物にSRFを使っていただき、安全で快適な社会が実現できるよう、SRFの普及に努めてまいります。

13/8/7 大阪事務所を開設しました。

<構造品質保証研究所 大阪事務所>
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3番1号
グランフロント大阪ナレッジキャピタル8階K832
TEL:06-6136-3803


大阪事務所開設を記念し、SRF研修会を開催致します。どなた
でもご参加いただけますので、お気軽にお申し込みください。

日程: 8月20日(火)
時間:第一部 13:30〜14:30
    第二部 14:35〜15:30
会場:グランフロント大阪7階ナレッジサロン
    プロジェクトルーム(詳細は申込後ご案内致します)
内容:第一部ではSRF工法の概要、第二部ではSRF工法の設計法・施工法の要点を説明致します。

ご参加いただく場合は、FAX、webにてお申し込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

13/7/24 高知新聞でSRF工法が紹介されました。

2013年7月24日(水)の高知新聞で、SRF工法(包帯補強)が紹介されました。 宿毛市にて小中学校の耐震化にSRF工法を導入いただき、今後の市庁舎等の耐震化でもSRF工法を採用予定である旨の記事が掲載されています。

13/6/17 札幌でSRF研修会を開催します。SRF研究会会員限定ですが、
当日会場でお申し込みいただくことも可能です。

日程: 7月26日(金)
時間:第一部 13:00〜14:10
    第二部 14:20〜15:50
会場:札幌市内(会場の詳細は申込後ご案内いたします)
内容:第一部ではSRF工法の材料と強度計算法、設計プログラムの使用法、実施例等の解説をします。 第二部では、東京会場で実施したテーマ別セッションの総括的な説明を行います。「安全」に加えて「快適さ」をテーマにした内容です。

ご参加いただく場合は、FAX、webにてお申し込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

13/5/17 7月、8月に開催予定のSRF研修会 第2部のテーマを以下の通り更新しました。

■ 7月10日(水) テーマ13「新耐震のSRF」
■ 8月 7日(水) テーマ14「R2C 新しい構造材料の誕生」

SRF研修会はSRF研究会会員様限定の研修会となっておりますが、当日会場にて入会お申し込みいただくことも可能です。

お申し込みはこちらから。
テーマ一覧は こちら からご確認いただけます。

13/3/26 3月23日に開催したSRF一万本記念シンポジウムの録画放映を開始しました。

お陰様で、1万本記念シンポジウムはLIVE配信で、述べ6,657人の方にご視聴いただきました。ありがとうございました。当日視聴できなかった方も、USTREAMにてシンポジウムの録画映像をご覧いただけますので、ぜひご視聴ください。

◇日本語版 → 日本語    ◇英語版 → English

13/3/21 日経ビジネス電子版にSRF工法が掲載されました。

東日本大震災にて、SRF工法で補強したビルがいち早く営業できた例や、SRFの開発秘話、代表の五十嵐の決意などが紹介されています。 また、震度7での耐震実験の様子も動画でご覧いただけます。ぜひご覧ください。

日経ビジネス掲載記事は、こちらからご覧いただけます。

13/3/5 SRF工法で耐震被覆した柱が1万本を超えました。

2013年2月26日に、都内の事務所ビルで、SRF工法で耐震被覆した柱が1万本を超えました。 2003年1月に奈良県内の保養所で最初の柱を施工して以来10年目になります。2011年7月の7000本超えからは、約1年半です。 今後は、鉄骨ブレース主体の耐震補強から、コンクリートの破壊自体を防止するSRFへの転換により、10万本を早期に達成したいと考えています。

一万本施工達成
写真)2013年2月26日ダイドーリミテッドビルにて

13/2/28 SRFの英語版ホームページを開設いたしました。

この度、SRFを世界中に発信すべく、英語版のホームページを開設いたしました。 海外のお客様へのご対応等にご活用ください。

英語版ホームページは、こちらからご覧いただけます。

13/2/28 「木造住宅の耐震補強技術のご紹介」冊子に木造SRF工法が
掲載されました。

日本建築防災協会および耐震改修支援センターが発行している「住宅等防災技術評価制度にかかる評価技術 木造住宅の耐震補強技術のご紹介」冊子に木造SRF工法が掲載されました。
冊子をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。※数に限りがありますので無くなり次第終了とさせていただきます。

13/2/13 2013年2月10日(日) BS朝日「菅原明子の地球大好き未来便」に当社社長の五十嵐俊一が出演しました。

番組冒頭では、仙台のさくら野百貨店がSRFの効果で3.11の揺れでも被害がなく いち早く営業できた例、進行中のSRF耐震工事の様子などが放映されました。また、番組後半の対談では、震度7での耐震実験の模様やSRFの開発秘話が紹介されました。
2013年2月24日(日)にも同じ内容の放送がありますので、お時間のある方はぜひご覧ください。

番組:BS朝日「菅原明子の地球大好き未来便」
日時:2013年2月24日(日)11:00〜11:30

http://miraibin.jp/page/mb41/index.html
(外部サイトへリンクします)

13/1/22 SRF導入柱1万本記念「安全で快適な街づくり」に向けてのアイデア募集の広告が1月18日ニューヨークタイムズに掲載されました。

2013年1月18日のニューヨークタイムズにSRF導入柱1万本記念「安全で快適な街づくり」に向けてのアイデア募集の広告が掲載されました。
国内はもとより世界中から「安全で快適な街づくり」に向けてのアイデアを募集しています。皆さま、奮ってご応募ください。

掲載広告は、こちらでご覧いただけます。
ご応募は、特設サイト をご覧ください。

12/12/18 包帯補強(SRF工法)で耐震被覆した柱が、着工ベースで1万本を超えました。

2012年12月17日付けで、SRF工法により耐震被覆した柱が着工ベースで1万本を突破しました。これもひとえに皆様のご理解・ご支援の賜物と感謝しております。 今後、一つでも多くの建物に使っていただき、SRFで安全で快適な社会が実現できるよう、SRFの普及に努めてまいります。
ちょうど一万本目の柱で記念撮影を行い、この場で改めてご紹介させていただきます。

12/11/26 NHKサキどりで紹介されました。

2012年11月25日 NHKサキどりで紹介されました。コンクリートが崩れる理由、しなやかで切れない包帯で覆うとこれを防げること、仙台のさくら野百貨店、マンションなどSRFの効果で3.11の揺れでも 被害がなく営業や使用を継続できた例、包帯ができるところ、進行中の工事の様子などが放映されました。

12/11/20 「安全で快適な街づくり」に向けて包帯補強柱1万本記念 懸賞募集

 コンクリートで埋め尽くされた現代の都市は、老朽化や震災で崩壊する危機に瀕しています。さらに、コンクリートは巨大な蓄熱物となっており、冷暖房に莫大なエネルギーを消費しています。 私たちは、しなやかで強く、切れない織物で被覆することで、鉄筋コンクリート(RC)を、安全で耐久性に優れた新しい建設材料(R2C=Recovered Reinforced Concrete:被覆鉄筋コンクリート) へと進化させる技術SRFを生み出し、10000本の柱に使っていただく見通しです。3.11の震災でも倒壊しないことは勿論、揺れが少なく仕上げなどの被害もほとんどなく使えたと、有効性が実証 されています。都内のビルでは、消費電力が減ったことが確認され、断熱効果もあることが分かりました。
 「安全で快適な街づくり」は、我が国だけでなく、世界の課題です。しかし、20世紀の方法や技術では、費用や資源がかかりすぎて実現が難しいと言えます。新しい発想で技術や材料を変革することが 求められています。広く、世界中から、アイディア、方法、技術を募ります。奮ってご応募ください。

2012年11月20日

構造品質保証研究所
代表取締役 五十嵐 俊一

応募要項は、こちら

12/10/22 10月20日の日本耐震グランプリにパネリストとして参加しました。

耐震グランプリ

10月20日に開催された第6回日本耐震グランプリでパネルディスカッションに参加する機会をいただきました。
(写真左から、明治大学大学院 特任教授 中林教授、当社 代表取締役 五十嵐、国土交通省 国土技術政策総合研究所 小川副所長、 東京都 都市整備局 耐震化推進担当 小野部長、NPO暮らしと耐震協議会 木谷理事長、滋賀県立大学 柴田教授、東京大学大学院 目黒教授)

講演内容は、こちらから。

12/10/9 10月20日の日本耐震グランプリにパネリストで参加します。

昨年グランプリを頂いた日本耐震グランプリにパネリストとして参加します。 繰り返し長時間揺れる活動期の地震では、ブレースなどで部分的に固めても、結局、弱いところが壊れてしまうので、しなやかで切れない材料で、 弱点を直接解消する耐震被覆が有効であるとお話させていただく予定です。

詳しくは、 こちら から (外部サイトへリンクします)

12/9/28 「R2C」 が登録商標として認められました。

鉄筋コンクリートをSRFで被覆した新材料の名称である「R2C」 が登録商標として認められました。

詳しくは、 耐震被覆による活動期の地震防災 をご参照ください。

12/9/11 9月、10月に開催予定のSRF研修会 第2部プログラムを下記の通り変更しました。

<9月12日(水)>
○ テーマ3「安全で快適、省電力な建物の改修設計その1
協立機電本社ビルの事例」
※予定しておりました「マンションのSRF」についてもお話させて頂きます。
<10月10日(水)>
○ テーマ4「安全で快適、省電力な建物の改修設計その2」

お申し込みはこちらから。
その他のテーマは こちら からご確認いただけます。
なお、SRF研修会はSRF研究会会員様限定の研修会となっております。

12/8/27 大阪でSRF研修会を開催します。SRF研究会会員限定ですが、
当日会場でお申し込みいただくことも可能です。

日程: 10月18日(木)
時間:第一部 13:00〜14:10
    第二部 14:20〜15:50
会場:大阪市内(会場の詳細は申込後ご案内いたします)
内容:SRF工法の材料と強度計算法、設計プログラムの使用法、実施例等の解説をします。また、第二部では東京会場で実施したテーマ別セッションの総括的な説明を行います。「安全」に加えて「快適さ」をテーマにした内容です。

ご参加いただく場合は、FAX、webにてお申し込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

12/8/22 9月より、「安全」に加え「快適な」建物と街づくりをテーマに新たなセミナーをスタートします。

第1回 安全で快適な建物づくりセミナー
「地震に強く、暑くない寒くない建物をつくる新技術」
9/5(水)13:30〜

 3.11震災と原発問題を契機に、地震に強い安全な建物づくりや、電力消費を抑えながら快適に過ごせる空間づくりへの意識が高まっています。 本セミナーでは、従来の概念を覆す2つの新技術で、資源や電力を浪費することなく「安全」で「快適」な建物・街づくりが実現することをご紹介します。

 耐震については、3.11震災後に様々な問題が露呈しました。たとえば、ブレース等で耐震補強済みでも震災で壊れるケースがあり安全性が不確かなこと、 既存の大がかりな耐震補強工法では、費用、施工の難易度などの面で、多くの建物にとって実施が現実的ではないことなど。ご紹介するSRFという技術は、 ポリエステル製のベルトを巻くだけの工法で、その効果や耐震性は3.11震災で実証されました。また、鉄などの材料は不要で安価・迅速に施工できる上、 揺れも抑える根本的な解決方法として大変注目されています。
 快適さの問題では、GAINA(ガイナ)という塗料を取り上げます。熱の伝導を遅らせるだけの従来の断熱材とは一線を画し、直接熱を遮断する画期的材料で、 電気代が半分以下になった事例もある程です。また、防音、防菌、消臭などの効果を併せ持つこの技術を使用すれば、エネルギーを無駄に使うことなく、 本質的に快適な空間ができます。

2つの技術の生まれた背景や適用事例を豊富に交えた、実用的な内容です。
(GAINAは、(株)日進産業の登録商標です)

セミナーの詳細は、こちら から

12/7/26 グループ会社のSRF建設が手掛ける初工事が2012年7月7日に
完了しました。

東京都杉並区の商店にて、SRF改修工事(柱2本、壁1枚)を行いました。

SRF建設初工事
写真)お施主様(左から2人目及び3人目)と、SRFベルトを貼った壁の前で

今後ともSRF建設をどうぞよろしくお願い致します。
SRF建設のホームページは、こちら から

12/6/11 SRF工法が国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)に
登録されました。

NETIS番号 :KT-120025-A
名称     :SRF工法(耐震補強)
登録日   :2012年6月11日
公開日   :2012年7月13日(予定)
NETISとは、新技術の活用のため、新技術に関わる情報の共有及び提供を目的として構築された国土交通省のデータベースシステムです。

12/5/24 株式会社SRF建設のホームページを開設致しました。

株式会社SRF建設は、SRFの技術を核として耐震補強、建物改修の計画から工事まで一貫して行う当社のグループ会社です。 この度、本格的な事業開始に向けてホームページを開設致しました。

SRF建設のホームページは、こちら から

12/5/22 NHKニュースおはよう日本で、SRF工法が紹介されました。

5/16 NHKニュースおはよう日本でSRF工法が『早く安く耐震補強を』のテーマで取り上げられました。 RC造の病院と木造住宅の補強工事の現場映像や施主、施工者のインタビューが紹介され、大きな反響をいただきました。

12/5/9 木造SRF工法が岐阜県木造住宅耐震補強工事費補助対象工法
となりました。

木造SRF工法の基礎、壁及び接合部補強が2012年5月1日付けで岐阜県木造住宅耐震補強工事費補助対象工法となりました。 岐阜県内の市町村が実施している木造住宅に係る住宅耐震補強工事にて木造SRF工法が使用可能となります。

12/4/16 SRF工法(構造補強、崩落防止補強)がNEXCO総研の新技術・
新工法データベースに登録されました。

登録日:2012年3月12日
※NEXCO総研の新技術・新工法データベースとは、東・中・西日本高速道路(株)内で利用可能なコスト縮減を中心に道路構造物の耐久性向上、 安全で快適な高速走行環境の提供、環境共生に関する技術及び維持管理に関する技術のデータベースです。

12/3/26 名古屋で補強法研修会を開催します。SRF研究会会員限定ですが、当日会場でお申し込みいただくことも可能です。

日程: 5月17日(金)
時間:第一部 13:00〜14:10
    第二部 14:20〜15:50
会場:名古屋市内(会場の詳細は申込後ご案内いたします)
内容:SRF工法の特徴、設計法及び実施例等を解説します。また、第二部では東京会場で実施したテーマ別セッションの総括的な説明を行います。

ご参加いただく場合は、FAX、webにてお申し込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

12/1/19 木造SRF工法が長野県の既存木造住宅耐震補強の評価工法と
なりました。

木造SRF工法の基礎、壁及び接合部補強が2012年1月5日付けで長野県の既存木造住宅耐震補強の評価工法となりました。
長野県内の市町村が実施している住宅・建築物耐震改修促進事業の既存住宅耐震補強補助事業の対象となります。

12/1/16 『耐震被覆』が商標第5459971号として、登録されました。

従来の耐震技術は、鉄骨ブレースを入れたり、壁増設、あるいは鉄板や炭素繊維で固める方法や、免震・制震装置を用いる方法に限られていました。 しかし、想定を超える地震で、破壊したり、装置の限界を超えて揺れが大きくなったりした事例が3.11で発生しています。 耐震被覆は、固めるのではなく、弱点を直接被覆して、亀裂が入ったり、崩落することを防ぐ方法です。 倒壊しないことはもとより、揺れが少なくて済むことが実証されています。

11/12/26 SRF研究会会員限定ページに2011年12月14日に開催されました補強法研修会 第2部の動画および資料を掲載しました。

2011年12月14日に行われました補強法研修会 第2部(テーマ6「崩落防止補強」)の模様を動画で配信いたします。研修会で使用した資料もご覧頂くことができます。
当日、残念ながらご来場いただけなかった皆様もぜひご視聴ください。

会員限定ページは こちら から

11/12/16 補強法研修会 第2部のテーマを更新しました。

今後開催予定の補強法研修会 第2部プログラムに「病院の補強」、「木造の補強」、「耐震補強法の現状と課題、SRFによる解決策」が追加されました。
<今後の予定>
・ 1月18日(水) テーマ7「病院の補強」
・ 2月15日(水) テーマ8「木造の補強」
・ 3月14日(水) テーマ9「耐震補強法の現状と課題、SRFによる解決策」
・ 4月11日(水) テーマ10「新築への適用『耐震被覆』」

内容の詳細は こちら からご確認いただけます。
なお、補強法研修会はSRF研究会会員様限定の研修会となっております。 研修会のお申し込みはこちらから。

11/11/29 SRF研究会会員限定ページに2011年11月9日に開催されました
補強法研修会 第2部の動画および資料を掲載しました。

2011年11月9日に行われました補強法研修会 第2部(テーマ5「庁舎等公共施設の補強」)の模様を動画で配信いたします。研修会で使用した資料もご覧頂くことができます。
当日、残念ながらご来場いただけなかった皆様もぜひご視聴ください。

会員限定ページは こちら から

11/11/10 SRF研究会会員限定ページに2011年10月12日に開催されました補強法研修会 第2部の動画および資料を掲載しました。

2011年10月12日に行われました補強法研修会 第2部(テーマ4「学校の補強」)の模様を動画で配信いたします。研修会で使用した資料もご覧頂くことができます。
当日、残念ながらご来場いただけなかった皆様もぜひご視聴ください。

会員限定ページは こちら から

11/11/10 補強法研修会 第2部のテーマを崩落防止に変更しました。

次回開催予定の補強法研修会 第2部のテーマが、「木造の補強」から「崩落防止補強」に変更されました。 内容の詳細は こちら からご確認いただけます。
なお、補強法研修会はSRF研究会会員様限定の研修会となっております。

11/11/9 第5回日本耐震グランプリで、SRF工法(包帯補強)がグランプリを
受賞しました。

NPO法人・東京いのちのポータルサイトが主催し、内閣府・国土交通省・土木学会・日本建築学会等21団体が後援する「第5回日本耐震グランプリ」 にて、SRF工法 (包帯補強) がグランプリを受賞しました。
11/8(火) 「第5回日本耐震グランプリ ―まちを守る― (第13回都市防災推進セミナー) 」にて表彰式が行われ、五十嵐が講演しました。

耐震グランプリ表彰

耐震グランプリ講演

第5回日本耐震グランプリに関する情報は こちら から
(外部サイトへリンクします)

11/10/31 SRF研究会会員および木造研究会会員限定ページに2011年9月28日に開催されました木造講習会の動画および資料を掲載しました。

2011年9月28日に行われました木造講習会の模様を動画で配信いたします。講習会で使用した資料もご覧頂くことができます。
当日、残念ながらご来場いただけなかった皆様もぜひご視聴ください。

会員限定ページは こちら から

11/10/25 日経アーキテクチュア2011年10月25日号にて、SRF工法による補強事例が記事として掲載されました。

学校特集「オール免震で安全世界一へ 東北大学の新キャンパス計画が明らかに」(P.34-37)

特集記事の後半にて、SRF補強工事を実施した東京女子医科大学の事例が取り上げられました。 SRF工法が採用された根拠として、他工法と比較した場合のSRFのメリットなどが、大学関係者の声と共に記載されています。

11/10/6 2011/10/5(水)に開催された「耐震補強セミナー」の録画ビデオを
公開しました。

2011年10月6日に行われました耐震補強セミナーの模様を動画で配信いたします。
当日、残念ながらご来場いただけなかった皆様もぜひご視聴ください。

動画視聴ページは こちら から

11/9/20 SRF研究会会員限定ページに2011年9月14日に開催されました補強法研修会 第2部の動画および資料を掲載しました。

2011年9月14日に行われました補強法研修会 第2部(テーマ3「事務所ビルの補強」)の模様を動画で配信いたします。研修会で使用した資料もご覧頂くことができます。
当日、残念ながらご来場いただけなかった皆様もぜひご視聴ください。

会員限定ページは こちら から

11/8/29 木造会員限定ページを開設しました。

木造会員限定ページでは、木造SRF工法設計施工マニュアルや木造講習会に使用している資料などがご覧いただけます。

木造会員限定ページは こちら から

11/8/29 2011/9/7(水)に開催された「耐震補強セミナー」の録画ビデオを公開しました。

2011年9月7日に行われました耐震補強セミナーの模様を動画で配信いたします。
当日、残念ながらご来場いただけなかった皆様もぜひご視聴ください。

動画視聴ページは こちら から

11/8/29 SRF研究会会員限定ページに2011年8月10日に開催されました補強法研修会 第2部の動画および資料を掲載しました。

2011年8月10日に行われました補強法研修会 第2部(テーマ2「マンションのSRF補強」)の模様を動画で配信いたします。研修会で使用した資料もご覧頂くことができます。
当日、残念ながらご来場いただけなかった皆様もぜひご視聴ください。

会員限定ページは こちら から

11/8/29 補強法研修会(旧 設計研修会)第2部のテーマを変更しました。

補強法研修会第2部のテーマが、追加・変更されました。 内容は こちら からご確認いただけます。
なお、補強法研修会はSRF研究会会員様限定の研修会となっております。

11/8/29 大阪、名古屋で設計講習会を開催します。SRF研究会会員限定ですが、当日会場でお申し込みいただくことも可能です。

日程:大阪 10月13日(木) / 名古屋 10月14日(金)
時間:第一部 13:00〜14:10
    第二部 14:20〜15:50
会場:各市内(会場の詳細は申込後ご案内いたします)
内容:最近の話題を中心にSRF工法の特徴、設計法及び実施例等を解説します。

ご参加いただく場合は、FAX、webにてお申し込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

11/8/25 一般・会員向けセミナーを開催します。 また、当日のセミナーの模様をUSTREAMにてライブ映像配信します。

2011/9/7(水)13:30〜
「SRF工法(包帯補強)による耐震補強セミナー
 〜 3.11で実証。想定を超える大地震後も使い続けられる建物へ」 (旧:技術説明会)

詳しくは こちら から

11/7/26 SRF研究会会員限定ページに2011年7月13日に開催されました補強法研修会の動画および資料を掲載しました。

2011年7月13日に行われました補強法研修会の模様を動画で配信いたします。研修会で使用した資料もご覧頂くことができます。
当日、残念ながらご来場いただけなかった皆様もぜひご視聴ください。

会員限定ページは こちら から

11/7/4 お陰様でSRF補強柱7000本達成しました。

2011年7月2日に都内の大学校舎で、SRF補強柱7000本を達成しました。
主要な柱を補強することは、新耐震でも、耐震補強が済んだ建物でも、想定を超える超大地震に対する備えとして有効です。 これを、一層の普及に繋げたいと願っています。

7000本達成

11/6/29 札幌で設計講習会を開催します。SRF研究会会員限定ですが、当日会場でお申し込みいただくことも可能です。

日時:札幌 7月7日(木) 13:00〜15:00
会場:札幌市内(会場の詳細は申込後お知らせいたします)
内容:最近の話題を中心にSRF工法の特徴、設計法及び実施例等を解説します。

ご参加いただく場合は、FAX、webにてお申し込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

11/6/16 「3.11震災で実証されたSRF工法の信頼性と有効性」を
掲載しました。

詳しくは、こちら

1
11/5/27 大阪で木造講習会及び実演を開催します。SRF研究会会員限定ですが、当日会場でお申し込みいただくことも可能です。

日時:大阪 6月23日(木) 13:30〜16:00
会場:大阪市内(会場の詳細は申込後お知らせいたします)
内容:建築防災協会で技術評価された木造SRF工法(基礎・壁・接合部等)の設計法、施工法に関する講習及び実演です。

ご参加いただく場合は、FAX、webにてお申し込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

11/5/27 広島、札幌で設計講習会を開催します。SRF研究会会員限定ですが、当日会場でお申し込みいただくことも可能です。

日時:広島 6月15日(水) 13:00〜15:00
    札幌 7月7日(木) 13:00〜15:00
会場:各市内(会場の詳細は申込後お知らせいたします)
内容:最近の話題を中心にSRF工法の特徴、設計法及び実施例等を解説します。

ご参加いただく場合は、FAX、webにてお申し込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

11/3/22 「次の震災」への安全確保に関する提案を掲載しました。

詳しくは、こちら

1
11/3/10 福岡、大阪で設計講習会を開催します。SRF研究会会員限定ですが、当日会場でお申し込みいただくことも可能です。

日時:福岡 4月21日(木) 13:00〜15:00
    大阪 4月22日(金) 13:00〜15:00
会場:各市内(会場の詳細は申込後お知らせいたします)
内容:最近の話題を中心にSRF工法の材料、構造及び設計例を解説します。

ご参加いただく場合は、FAX、webにてお申し込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

11/3/9 クライストチャーチ地震の課題に対する提案を掲載しました。

連発・直下型クライストチャーチ地震が示した課題、
「次の地震」に対して安全な構造物を確保する建物のシートベルトの必要性に対する提案です。
発表原稿は、こちら

1
11/3/1 「木造SRF接合部補強工法」が日本建築防災協会技術評価を取得しました。

「木造SRF接合部補強工法」が日本建築防災協会技術評価を平成22年11月15日付けで取得しました(評価番号 DPA−住技ー40)。これで、木造SRF工法は、基礎、壁、及び接合部全て評価を取得したことになります。

1
10/12/17 JCIで紹介されました。

SRF工法が、RC,SRCからSRFへと題して、コンクリート構造物の耐震補強に関するJCI-ACI国際ワークショップで紹介されました。新しい構造の提案です。
発表原稿は、こちら

1
10/10/16 広島11/25、名古屋11/26で木造講習会と設計研修会を開催します。SRF研究会会員限定ですが、当日会場でお申し込みいただくことも可能です。

日時:広島 11月25日(木) 13:00〜15:00
    名古屋 11月26日(木) 13:00〜15:00
会場:各市内(会場の詳細は申込後お知らせいたします)
内容:設計研修会と木造講習会を並行して開催します。設計研修会は、主として非木造SRF工法の設計法に関する研修会です。木造講習会は、建築防災協会で技術評価された木造SRF工法(基礎、壁等)の設計法、施工法に関する講習です。

ご参加いただく場合は、FAX、webにてお申し込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

10/10/1 大阪で設計研修会を開催いたします。SRF研究会会員限定ですが、当日会場にて入会をお申し込みいただくことも可能です。

日時:2010年10月7日(木) 13:00〜15:00
会場:大阪市内(会場の詳細は申込後お知らせいたします)
内容:・SRF工法の特徴
    ・設計法と実施例
    ・施工要領
    ・質疑応答

ご参加いただく場合は、FAX、又はwebにてお申し込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

10/8/27 建築物のSRF工法設計施工指針と解説(2010年改訂版)を刊行しました。

購入は、こちらから

10/8/6 木造SRF壁補強工法<際張り増し打ち>が建築防災協会技術評価を取得しました。

件名:木造SRF壁補強工法
評価番号:DPA−住技−38
評価年月日:平成22年6月14日
詳しくは、こちらから

1
10/8/6 夏季休暇のご案内

弊社では夏季休暇の為、誠に勝手ながら下記の期間は休業とさせて頂きます。 皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。

     平成22年8月12日(木)〜8月15日(日)

10/6/2 大阪で設計研修会を開催いたします。SRF研究会会員限定ですが、当日会場にて入会をお申し込みいただくことも可能です。

日時:2010年6月10日(木) 13:00〜15:00
会場:大阪市内(会場の詳細は申込後お知らせいたします)
内容:・SRF工法の特徴
    ・設計法と実施例
    ・施工要領
    ・質疑応答

ご参加いただく場合は、FAX、又はwebにてお申し込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

10/2/22 SRF工法は、壁補強100枚、柱5000本を達成しました。

2010年2月11日に東京都日本橋の事務所ビルで、100枚目の壁補強が完成しました。2007年11月に建築防災協会の技術評価を取得してから、2年余りです。また、柱補強は5000本を突破しました。既存の壁と柱を包帯補強して無理なく基準値をクリアできます。詳しくは、こちらから

1
10/1/7 木造SRF基礎補強工法が建築防災協会技術評価を取得しました。

件名:木造SRF基礎補強工法
評価番号:DPA−住技−33
評価年月日:平成21年9月7日

1
09/12/11 崩落防止補強の設計施工指針を刊行しました。

SRF工法によって部材の表面に弾性的な復元力を与えて、崩落防止を行う方法です。構造補強のハンドブックとしても使えるように、材料性能の一覧を掲載しています。購入は、こちらから

崩落防止補強の詳細は、こちらをご覧ください。

09/12/8 ビル、マンションを対象とした補強のページを追加しました。

ビルの補強をお考えの方はぜひこちらをご覧ください。

09/7/31 木造補強の紹介ページを追加しました。

木造補強のコンテンツがこちらにまとまっています。
ぜひご覧ください。

09/7/24 包帯補強が登録商標になりました。

包帯補強 登録第5246081号

09/7/13 リフォーム産業フェア'09&工務店フェア'09に出展します。

下記要領で、展示しますので、お誘い合わせの上、ご来場いただきたくご案内申し上げます。

               記

1.日時:2009年7月14日から7月15日、10時から17時
2.場所:東京ビックサイト東1ホール(http://www.bigsight.jp/index.html)

開催案内→こちら

09/6/24 札幌で設計研修会を開催いたします。SRF研究会会員限定ですが、当日会場にて入会をお申し込みいただくことも可能です。

日時:2009年7月9日(木) 13:00〜15:00
会場:札幌市内(会場の詳細は申込後お知らせいたします)
内容:・SRF工法の特徴
    ・設計法と実施例
    ・施工要領
    ・質疑応答

ご参加いただく場合は、FAX、又はwebにてお申し込みください。
FAX申込用紙ダウンロード
オンライン参加申込

09/6/12 震災対策セミナーで講演します。
日時:2009年6月13日(土) 14:00〜17:00
会場:東京商工会議所東商ホール(千代田区丸の内3-2-2東京商工会議所ビルディング)
主催:新宿区商店会連合会

開催案内→(http://www.tokyo-portal.info/info/shinsai_taisaku.html)

09/4/28 「包帯補強」を発刊しました。

2009年7月で、構造品質保証研究所の創設から10周年を迎えます。また、本年11月は、SRF工法(包帯補強)の発案から満10年です。お陰様で、包帯補強した柱は4000本を超え、急速に普及しています。この度、これらを記念して、包帯補強に関する総合的な解説書を発刊しました。

オンラインショップのページヘ

09/4/28 住宅リフォームフェア2009in名古屋に出展します。

下記要領で、展示しますので、お誘い合わせの上、ご来場いただきたくご案内申し上げます。

               記

1.日時:2009年5月16日から5月17日、10時から17時
2.場所:吹上ホール(http://www.u-net.city.nagoya.jp/fukiage/)

開催案内→こちら

09/4/7 木造補強セットの価格を改定しました。

→木造補強セット

09/2/12 すすき野・荏子田・黒須田 地域防災フェア2009 に出展します。

耐震補強エリアでSRFの展示を行っています。
木造住宅、マンションの耐震補強に興味のある方は、足をお運びください。
(昨年の防災フェアの様子はこちら

・日時:2月15日(日)、10時から15時
・場所:嶮山公園
          (神奈川県横浜市青葉区すすき野1丁目)

09/1/30 文京区耐震フェアに出展します。

SRFはマンションのピロティ柱の補強に最適です。
補強をお考えの方はぜひ足をお運びください。

・日時:2月4日から2月6日、10時から16時30分(4日のみ13時から)
・場所:文京シビックセンター1階ギャラリー(http://www.b-academy.jp/b-civichall/index.html)

09/1/28 木造SRF工法耐力壁が東京都の「平成20年度 安価で信頼できる木造住宅の耐震改修工法・装置の事例・アイデア」に選定されました。

木造SRF工法耐力壁は、合板のくぎ打ち部(際)に厚さ0.9mmの高延性材を貼り付けてくぎを増し打ちすることで、5倍の壁倍率を確保できる工法です。詳細は、下記をご覧くだい。

木造SRF工法耐力壁の詳細
東京都都市整備局プレスリリース

09/1/20 住宅リフォームフェア2009in 仙台に出展、プレゼンを行います。

下記要領で、展示、プレゼンを行いますので、お誘い合わせの上、ご来場いただきたくご案内申し上げます。

                    記

1.日時:2009年1月24日から1月25日、10時から17時
2.場所:夢メッセみやぎ(http://www.yumemesse.or.jp/)
3.プレゼン予定:2009年1月24日、14時30分〜14時50分、会場内プレゼンセミナー会場

開催案内→こちら

09/1/20 都内各区市の展示会へ出展します。

1.中野区木造住宅の安価で信頼できる耐震改修工法・装置の展示会
・日時:1月20日から1月23日、10時から17時
・場所:中野区役所1階エントランスホール (http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/001/d13100002.html)

2.福生市展示会
・日時:1月29日から1月31日、10時から17時
・場所:福生市役所(http://www.city.fussa.tokyo.jp/index.html)

3.国立市耐震フェア
・日時:1月29日から1月30日、9時から16時
・場所:国立市役所1階市民ロビー(http://www.city.kunitachi.tokyo.jp/

入場無料ですので、是非、ご来場ください。

09/1/9 東本願寺大虹梁包帯補強工事か完成しました。

京都駅近くの東本願寺は、幕末の大火で焼失した後、15年の歳月をかけ、明治28年に再建されたもので、我が国の木造建築物の中で最大級のものです。大虹梁は、昔大木が川底に沈んだという言い伝えを頼りに、阿賀野川から引き揚げられた欅の大木で造られた長さ14.5mの梁です。年代測定の結果、樹齢は1600年以上であると推定されました。
 大虹梁の修復に当たり、包帯補強(SRF工法)を用いて、ポリエステル製の高延性材で補強し、漆で仕上げるという木造文化財で、始めての試みによる補強工事が完成しました。補強設計と施工は、建築物のSRF工法設計施工指針に基づいて行われています。今後百年以上に渡り、東本願寺のメインの部材を守り続ける役目を頂いたことに深く感謝しております。



08/10/27 都内で開催される展示会へ出展します。

1.府中市展示会(東京都主催)
・開館時間:10月29日から10月31日、10時から20時
・場  所:府中フォーリス ( http://www.foris.co.jp/)
2.平成20年度 土研新技術ショーケースin東京(建設技術審査証明協議会主催)
・開館時間:10月31日、9時30分から16時
・場  所:野口英世記念会館( http://noguchi.atmark.gr.jp/)
3.第2回日本耐震グランプリ「耐震・くらしの防災展」(日本耐震グランプリ実行委員会主催)
・開館時間:11月4日、9時30分から17時
・場  所:都市センターホテル コスモスホール(http://www.toshicenter.co.jp/access/index.html
4.世田谷区展示会(東京都主催)
・開館時間:11月8日から11月16日(10日は会場閉館)、10時から18時
・場  所:世田谷区役所区民会館
(http://www.city.setagaya.tokyo.jp/030/d00004089.html
5.日経住まいリフォーム2008(日本経済新聞社主催)
・開館時間:11月20日から11月23日、10時から17時(終日のみ16時)
・場  所:東京ビックサイト 東5・6ホール
開催案内

入場無料ですので、是非、ご来場ください。

08/10/10 補強の価格を改定しました。

補強の価格

08/6/5 生存空間確保に対する緊急提案。
「学校建物生存空間確保補強計画例」をアップロードしました。

建物がパンケーキ状に潰れるのでなく、生存空間を確保し、圧死を防ぎ、脱出、救出を容易にするように補強すれば、震災の死傷者を大幅に減ずることができる。通常の耐震補強とは異なるが、補強は費用、労力とも20分の1以下で可能である。学校校舎であれば、一棟、約500万円程度である。
 我が国でも、世界各国でも、激震地では、相当数の建物が倒壊することは避けられない。倒壊しても生存空間を確保する補強を緊急に行うことを提案する。

提案書
学校建物生存空間確保補強計画例
生存空間確保の詳細

08/9/29 SRF工法設計資料[2008年版]付属資料6)、付属資料7)をアップロードしました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。
研究会会員限定情報ページは→こちら

08/9/9 大阪で設計講習会および品質管理員研修会を開催いたします。

大阪で設計講習会および品質管理員研修会を開催いたします。SRF研究会会員限定ですが、入会は随時受け付けており、 当日会場にてお申し込みいただくことも可能です。是非、この機会にお申し込みください。

講習会にご参加いただく場合は、前日までに別紙申込書をFAX又はメールにてお送りくださいますようお願い申し上げます。
日程は→こちら
参加申込み →<FAX><メール>

08/9/9 福岡、大阪、東京の各イベントへ出展します。

リフォーム産業新聞社、東京都建築士事務所協会が主催するイベントへの出展が決定しました。

1.住宅リフォームフェア2008in福岡(リフォーム産業新聞社主催)
・開館時間:9月27日から9月28日、10時から17時
・場  所:マリンメッセ福岡
開催案内
2.建築ふれあいフェア 2008(東京都建築士事務所協会主催)
・開館時間:10月2日から10月4日、10時から19時(4日は16時まで)
・場  所:新宿駅西口広場イベントコーナー
3.住宅リフォームフェア2008in大阪(リフォーム産業新聞社主催)
・開館時間:10月17日から10月18日、10時から17時
・場  所:インテックス大阪 1号館
開催案内

入場無料ですので、是非、ご来場ください。

08/8/21 SRF工法が東京都の研究開発助成事業に選定されました。

東京都が実施している「社会的課題解決型研究開発助成事業〜木造住宅の耐震改修工法・装置の開発〜」にSRF工法が選定されました。

東京都産業労働局プレスリリース

08/8/21 都内各区の展示会へ出展します。

東京都と各区が主催する「安価で信頼できる耐震改修工法・装置の展示会」への出展が決定しました。

1.東京都・新宿区主催
・開館時間:9月1日から9月3日、10時から20時(3日は17時まで)
・場  所:新宿駅西口広場イベントコーナー
2.品川区主催
・開館時間:9月8日から9月10日、9時から17時
・場  所:品川区役所3階ロビー
3.練馬区主催
・開館時間:9月11日から9月13日、9時から17時(11日は13時から)
・場  所:練馬区庁舎1階

入場無料ですので、是非、ご来場ください。

08/6/9 東京ビックサイトで開催されるイベントへの出展が決定しました。

2008年7月23日(水)、24日(木)に東京ビックサイトで開催される「ビルダーズ&リモデラーズショー2008(地震対策提案ゾーン)」への出展が決定しました。
入場無料ですので、是非、ご来場ください。
開催案内 →こちら

08/6/5 SRF工法が土木研究センターの建設技術審査証明を取得しました。

課題名:高延性補強材によるコンクリート構造物の補強方法「SRF工法」
審査項目:@力学的性能(補強材の伝達応力、補強後のせん断耐力、補強後の靭性)A耐久性 B施工性
証明番号:建技審証第0707号
証明年月日:平成20年3月14日
委員会名:「SRF工法」建設技術審査証明委員会(委員長 前川宏一東京大学教授、東北大学、国土交通省大臣官房、国土交通省関東地方整備局、土木研究所技術推進本部、土木研究所耐震研究グループ、首都高速度道路公団、東日本旅客鉄道の各委員)

1
08/6/5 大阪で木造講習会を開催いたします。

大阪で木造講習会を開催いたします。SRF研究会会員限定ですが、会費等は無料です。入会は随時受け付けており、 当日会場にてお申し込みいただくことも可能です。是非、この機会にお申し込みください。

講習会にご参加いただく場合は、前日までに別紙申込書をFAX又はメールにてお送りくださいますようお願い申し上げます。
日程は→こちら 参加申込み <FAX><メール>

08/4/22 新刊書のご案内。

『2008年版 SRF工法設計施工指針』を出版しました。→購入はこちら

08/4/11 住宅リフォームフェア2008in名古屋への出展が決まりました。
2008年5月17日(土)、18日(日)
会場:吹上ホール 名古屋市中小企業振興会館 
主催:株式会社リフォーム産業新聞社
http://www.the-reform.co.jp/2008nagoya.html
08/4/8 SRF工法設計資料[2008年版]をアップロードしました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。
研究会会員限定情報ページは→こちら

08/4/8 壁補強の現場見学会及び説明会を開催します

平成20年4月15日(火)午前10時より東京都中央区で壁補強の現場見学会と説明会を開催します。「SRF工法による壁補強」の施工を見学できますので東京近郊の方は是非この機会にお越し下さい。
日程は→<FAX><メール>

08/4/2 東京で現場見学会を開催します

平成20年4月21日(月)午後1時30分より江東区で現場見学会を開催します。実際にSRFを施工している現場を見学できますので東京近郊の方は是非この機会にお越し下さい。
日程は→こちら 参加申込み <FAX><メール>

08/3/24 各地でSRF工法設計講習会および品質管理員研修会を開催いたします。

仙台、東京、大阪で設計講習会・品質管理員研修会を開催いたします。SRF研究会会員限定ですが、会費等は無料です。入会は随時受け付けており、 当日会場にてお申し込みいただくことも可能です。是非、この機会にお申し込みください。

講習会にご参加いただく場合は、前日までに別紙申込書をFAX又はメールにてお送りくださいますようお願い申し上げます。
日程は→こちら  参加申込み <FAX><メール>

08/2/20

第2回あいち木造住宅耐震改修事例コンペで アイデア賞に選ばれました。

詳細は下記ホームページでご覧になれます。
愛知建築地震災害軽減システム研究協議会
http://www.aichi-gensai.jp/mokuzou4.html

08/2/6 SRF設計プログラムstep2008v1.0.0をアップロードしました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。
研究会会員限定情報ページは→こちら

08/1/7 本年度の講習会のスケジュールです。

本年度の講習会のスケジュールをアップしました。
よろしくお願いいたします。→スケジュール

08/1/4 新年のご挨拶。

本年度も宜しくお願い致します。→2008年の年頭に当たり

07/12/20 冬季休暇のご案内。

12月29日(土)より1月3日(木)まで冬季休暇となります。
年末年始は配送に時間がかかる場合がありますので、材料注文は、なるべく早めにいただきますよう宜しくお願い申し上げます。

07/9/21 各地でSRF工法設計講習会を開催いたします。

SRF工法は、去る7月20日、建築防災協会により壁補強と柱補強の優遇に関する技術評価を取得致しました。
それにともない、格段に充実したSRFを再度ご理解とご活用を賜りたく各地で講習会を開催する運びとなりました。
SRF工法は、特許工法であり、建築防災協会の技術評価の条件として設計していただく場合にSRF研究会に会員としてご登録いただくこととなっております。
会費等は無料で、SRFに関する技術情報等を随時お送りさせていただきますので、当日会場にてご登録いただければ幸いです。
講習会にご参加いただける場合は、前日までに別紙申込書をファックス又はメールにてお送りくださいますようお願い申し上げます。
日程は→こちら  参加申込み <FAX><メール>

07/8/21 SRF柱3000本達成いたしました!!

SRF工法は2003年2月に奈良県で1本目の柱補強が施工され、以来、オフィスビル・鉄道高架橋・学校・病院・マンション・木造住宅など各種の施設で、施工実績を積み重ねてまいりました。
そして、2007年8月21日に施工の東京銀座のオフィスビルの補強柱が第1本目から数え丁度3000本目となりました。
SRFは補強後に、せん断壁・柱となるものにも靱性を付与できることが認められています。既存の壁を利用して強度を上げ、柱を補強して靱性と軸耐力を確保することで、安く・早く・確実に基準を満たす補強を行う可能性が格段に広がっております。

07/8/9 SRF工法建築防災協会技術評価変更取得のお知らせ

7月20日付けで、SRF工法による各種の壁補強が、日本建築防災協会の技術評価範囲に加えられました。特に、補強後に、せん断壁・柱となるものにも靱性を付与できることが認められています。既存の壁を利用して強度を上げ、柱を補強して靱性と軸耐力を確保することで、安く、早く、確実に基準を満たす補強を行う可能性が格段に広がっております。
具体的には、以下の内容が建築防災協会の技術評価に加えられています。

1.柱補強について
@主筋に丸鋼が用いられている柱に対しては、荒川式で計算した無補強の強度を下限値とする。
A補強後もせん断柱になるもの(極脆性も含む)に関して、補強量に応じてF=1.27までの靭性を認める。

2.壁補強について:
@壁板について、W型片面・両面、O型、側柱について、A型、C型片面・両面、S型、SC型片面・両面の各種補強形式について、強度と靭性向上を認める。
A補強後もせん断壁になるものの靭性値を補強量に応じてF=1.27まで認める。

3.材料について:
@穴、切り欠きのある補強材の補強効果を評価する。
Aシート材にSRF200(引張強度450N/mm2、有効ヤング率2,800N/mm2)を追加する。

4.指針の構成について:
  設計指針と施工指針の二部構成とし、基本的事項を第3章にまとめて掲載する。

以上です。詳しくは、SRF研究会設計部会にご入会いただければ設計資料をお送りいたします。入会金等は掛かりませんので、お申し込みください。 →入会お申し込みはこちら

07/7/26 SRF設計施工指針改訂版をアップロードしました。

SRF研究会会員の方は会員限定情報ページからダウンロードしてください。
研究会会員限定情報ページは→こちら

07/6/6 東京で現場見学会を開催します

平成19年6月13日(水)午後2時より東京の中目黒で現場見学会を開催します。実際にSRFを施工している現場を見学できますので東京近郊の方は是非この機会にお越し下さい。
お問い合わせ、お申込は→こちら

07/5/16 震災対策研修会『東京大会』参加報告

平成19年5月16日(水)に東京都議会で開催された震災対策研修会に当社社長五十嵐がパネラーとして出席しました。 100名近くを収容できる都議会6階会場は満席に埋まり熱気に溢れていました。
主催は安井潤一郎衆議院議員が事務局長を務められる首都圏地震対策議員連盟。東京、千葉、埼玉、神奈川などを中心に防災活動の啓発に取り組まれています。
阪神大震災で死亡した6400人のうち地震直後に命を落とした人は5500人。そのうち83%は建物や家具の下敷きになった窒息死、圧死だそうです。
このデータからもわかるように、家具の転倒防止と倒壊しない家に住む、この2点が震災から命を守る絶対条件となります。
そのような意味において当社のSRF補強は低コストで、なおかつ最大限の威力を発揮する耐震補強であると各方面から好評をいただきました。→補強効果(実証実験)

07/4/26 SRF工法が耐震補強設計ソフト(「BUILD.耐診RC」「DOC-RC/SRC」)に組み込まれました。

市販の耐震診断・補強設計ソフトにSRF補強柱の計算が組み込まれました。
SRF補強材物性値と補強厚を入力するだけでせん断耐力とじん性指標が診断ソフ トの中で計算され、診断結果に反映されるので補強設計がより簡単に行えます。入力の詳細については各ソフトのオンラインマニュアルをご参照 ください。

SRF補強設計組み込みソフト
・BUILD.耐診RC耐震補強オプション、BUILD. 一貫V(販売:株式会社構造ソフ ト)
・DOC-RC/SRC(販売:株式会社建築ピボット)

※ご使用しているバージョンに組み込まれていない場合は販売元のホームページ から最新版をダウンロードしてください。

07/4/3 福岡・大阪にてSRF設計講習会・品質管理員研修会を開催いたします。
福岡と大阪で設計講習会・品質管理員研修会が開催されます。SRF研究会会員限定ですが、入会申し込みは随時受け付けていますので、この機会にお申し込みください。<入会のお申し込み>

●SRF設計講習会
1.日時/場所
@平成19年4月12日(木)13:30〜15:00福岡市内
A平成19年4月13日(金)13:30〜15:00大阪市内
お申し込みを頂きご入会手続きが完了し次第、詳しい場所等をご案内します。

2.内容
1)SRF工法の設計的な特徴と設計法概説
2)補強費用積算法
3)軸耐力補強、生存空間確保補強解説
4)質疑応答

●品質管理員研修会
1.日時/場所
@平成19年4月12日(木)15:00〜17:30福岡市内
A平成19年4月13日(金)15:00〜17:30大阪市内
場所は、設計講習会と同じです。お申し込みを頂きご入会手続きが完了し次第、詳しい場所等をご案内します。

2.内容
・SRF技術概要・施工法・効果等の説明
・修了試験
・質疑応答
07/3/14 ひょうご住宅耐震改修工法コンペで 兵庫県知事賞に選ばれました。
詳細は下記ホームページでご覧になれます。
財団法人兵庫県住宅建築総合センター
http://www.hyogo-jkc.or.jp/

3月14日に、ひょうご住宅耐震改修工法コンペの受賞式が建築関係4団体の主催で行われ、SRF工法は、兵庫県知事から、最優秀賞を授与されました。

 
 

 

A
 
12.11耐震補強推進東京集会参加報告
平成17年12月11日(日)13時〜16時30分:建築会館
 
平成17年12月11日(日)に三田の建築会館で行われた12.11耐震補強推進東京集会で、沓掛内閣府特命担当(防災)大臣に、ご挨拶を頂きました。大臣は、橋梁技術者のご出身で長く防災と危機管理の第一線で活躍された経験を生かし、地震防災特に構造補強を強く推進されるとのことです。また、ホールで開催された展示会では、当社のブースに沓掛大臣、菅総務副大臣、安井衆議院議員、澁谷国土交通省企画調査室長を初め主要なメンバーが来場され、熱心にSRFの展示と実物をご覧いただき、「良いアイディアだ。しっかりした技術だ。」と評価していただきました。また、当社社長五十嵐は、パネラーとして、耐震補強推進に向け、「耐震補強も構造的な手入れであるとの立場や、構造技術者の話を発注者が新築や改修計画に当たり直接聞く機会をもって欲しいこと」などを述べさせていただきました。


第1回 耐震補強フォ−ラム参加報告書より
'05.07.29
 
耐震フォーラム写真02 平成17年6月19日(日)に三田の建築会館で行われた第一回耐震補強フォ−ラムで、北側国土交通大臣に、ご挨拶を頂きました:「ここ10年でオールジャパンで住宅、建築物の耐震化9割を目指す。制度面で耐震化に向けたインセンティブをはかる。」とし、耐震補強を国土交通省のメインテーマとして、強く推進するとのことです。また、中庭で開催された展示会では、当社のブースに北側大臣、山本住宅局長、小川建築指導課長を初め主要なメンバーが来場され、熱心にSRFの展示と実演をご覧いただき、「新築に使えばよいな。コストはどのくらいか。新幹線にも使っている。」などのコメントとご質問を頂戴しました。また、当社社長五十嵐は、第1セッションのパネラーとして、耐震補強推進に向け、「Is値が基準値を満たさなくとも、現状から向上すれば耐震補強と認めること」などを提案させていただきました。
 当日実施された参加者へのアンケートで当社のSRF工法は、11企業の展示の中で、ダントツで印象に残った工法であると評価されました。
 
06/12/10 第6回耐震補強フォーラムに出展しました。
2006年12月10日(日)12:00〜17:30
会場:六本木ヒルズ 5Fハリウッドホール 
主催:耐震補強フォーラム実行委員会
06/10/12 住宅関連事業各種展示会に出展しました。
2006年10月14日(土)〜10月18日(水)10:00〜17:00
会場:東京都庁議会棟1階都政ギャラリー 
主催:東京都
06/10/11 まちづくりメッセ2006に出展しました。
2006年11月15日(水)〜11月17日(金)10:00〜18:00
(最終日は17:00)
会場:東京ビッグサイト 
主催:新建新聞社
06/10/11 建築技術フェア2006in中部に会員企業が出展しました。

2006年11月8日(水)〜11月9日(木)10:00〜18:00
(最終日は16:00)
会場:ナゴヤドーム 
主催:建築技術フェアin中部実行委員会
※入場は無料です

06/10/11 建築構造展in宮城に出展しました。
2006年11月1日(水)〜11月3日(金)10:00〜17:00
会場:仙台市ガス局ショールーム 
主催:(社)日本建築構造技術者協会東北支部
※入場は無料です
06/10/11 ビジネスマッチングフェア2006に会員企業が出展しました。
2006年10月26日(木)〜10月27日(金)10:00〜17:00(最終日は16:00)
会場:マイドームおおさか2F 
主催:TOYRO新事業創出推進協議会
※入場は無料です
06/9/29 建築ふれあいフェア2006に出展しました。
2006年10月5日(木)〜10月7日(土)10:00(初日は14:00)〜19:00(最終日は16:00)
会場:新宿駅西口広場イベントコーナー 
主催:(社)東京都建築士事務所協会、新宿区
※入場は無料です
06/8/25 徳島ビジネスチャレンジメッセ2006に会員企業が出展しました。
2006年9月14日(木)〜9月16日(土) 10:00〜17:00(入場は無料)
会場:アスティとくしま 
主催:徳島ビジネスチャレンジメッセ実行委員会

※最終日は16:00までとなります
06/8/25 渋谷区総合防災訓練に出展しました。
2006年9月1日(金) 9:00〜11:00
会場:代々木公園 
主催:渋谷区 

06/8/25 東京都都市整備局主催による、木造住宅の安価で信頼できる「耐震改修工法・装置」事例の展示会に出展しました。
2006年8月30日(水)〜9月18日(月) 9:00〜17:00(入場は無料)
会場:池袋防災館 4階 (休館日:毎週火曜日) 
主催:東京都都市整備局 

06/8/21 防災博物館HPにてSRF商品情報を公開しています。
2006年8月21日〜2007年8月31日
 
以下のURLをクリックすると、出展アイテム一覧がご覧になれます。


http://www.bousaihaku.com/cgi-bin/market_info/market_info.cgi?MODE=COMPANYWORD&KEY_WORD=55
06/8/21

SRF補強柱が2,000を超えました。

皆さまのおかげで新世代の補強法、SRF工法による補強柱が2,000本を超えることとなりました。厚く御礼を申し上げます。

06/7/18 東京都都市整備局主催による、木造住宅の安価で信頼できる「耐震改修工法・装置」事例の展示会に出展しました。
2006年6月28日(水)〜7月17日(月) 9:00〜17:00(入場は無料)
会場:池袋防災館 4階 (休館日:毎週火曜日) 
主催:東京都都市整備局 

※本年3月に一週間展示しましたが、再度開催の要望があり、東京消防庁の協力を得て池袋防災館において展示しました
06/6/17

耐震化に取り組む企業、学会、NPO、行政等の関係者が一堂に会する第4回耐震補強フォーラムの「耐震補強展・くらしの防災展」に出展しました。

会場:都市センターホテル コスモスホール(千代田区)
主催:
耐震補強フォーラム実行委員会

06/3/30

東京都都市整備局主催による、木造住宅の安価で信頼できる「耐震改修工法・装置」事例の展示会に出展しました。

東京都都市整備局で募集された、「木造住宅の耐震改修の実施例や地震から命を守るための装置のアイデア」に応募したところ、多数の応募の中から当社のSRF工法が選定され、3月24日(金)〜3月30日(木)まで、東京都都議会議事堂1階の都政ギャラリーにて展示されました。

06/3/29 ラジオ番組「サロン・ド・防災」に出演します
東京・神奈川(田園都市エリア)地域で放送のラジオ番組「サロン・ド・防災」に出演します。

ラジオ局: FMサルース(FM Salus 84.1Mhz)<http://www.fm-salus.jp/>
番組名 : サロン・ド・防災
放送日 : 2006年4月 毎週日曜日(計5回)
放送時間: 朝9:40〜9:55 15分間
電話受信: 0180-99-4841(携帯から受信も可)
番組内容: 耐震診断と補強に関する話題
出演者 : 五十嵐俊一(当社社長)
ぜひご視聴ください。
05/12/6 耐震補強推進東京集会に出展します。
2005年12月11日(日) 10:00〜16:30
会場:建築会館ホール(港区芝5-26-20) JR田町駅 徒歩5分
主催:NPO法人 東京いのちのポータルサイト Website

■講演予定
13:00〜16:30
パネルディスカッション「Part1.耐震補強の現場より」
パネラー:五十嵐俊一(構造品質保証研究所(株)代表取締役)
ご来場の際にはぜひお立ち寄り下さい。
皆さまのご来場をお待ちしております。
05/12/5 SRF補強柱が1,500を超えました。
05/10/4 第7回不動産ソリューションフェアに出展します。
2005年10月13日(木)〜14日(金) 10:00〜17:00
会場:東京ビッグサイト(有明・東京国際展示場)
   西4ホール
主催:株式会社ビル経営研究所 Website

■講演予定
10月13日(木) 会場E 時間10:50〜11:50
10月14日(金) 会場E 時間15:15〜16:15
講演内容:「SRF工法による新しい耐震補強」 
講師:五十嵐俊一(工学博士)
ご来場の際にはぜひお立ち寄り下さい。
皆さまのご来場をお待ちしております。
05/10/4 まちづくりメッセ2005に出展します。
2005年11月8日(火)〜11日(金) 10:00〜17:00
会場:東京ビッグサイト(有明・東京国際展示場)
主催;新建新聞社
※本メッセは、『Japan Home and Building Show 2005』(主催:(社)日本能率協会)とのフェアインフェアです。
皆さまのご来場をお待ちしております。
05/10/4 建設技術フェア2005in中部に出展します。
2005年11月17日(木)〜18日(金)
会場:ナゴヤドーム(名古屋市東区大幸南1-1-1)
主催:建築技術フェアin中部実行委員会 Website
皆さまのご来場をお待ちしております。
05/10/1 SRF補強柱が1,100を超えました。
皆さまのおかげで新世代の補強法、SRF工法による補強柱が1,100本を超えることとなりました。厚く御礼を申し上げます。
05/8/23 いのちを守る震災対策in神戸に出展いたします。
05/7/29 第1回耐震補強フォーラムに出展いたしました。
05/5/31 SRF補強総工事費算定例の価格を変更しました。
05/5/18 SRFひび割れ補修法が特許登録されました。
05/3/25 SRF工法による壁補強のページを追加しました。
05/3/14 SRF-X実験画像SRF工法壁の実験が
成功しました。


SRF補強材を壁に貼ることで、壁の耐力と靭性が向上することが2004年11月に東京大学地震研究所で行った実験で確かめられました。SRFシートを貼るだけで、コンクリートを打ったり、ブレースを入れたりすることと同様に壁を補強することができます。既存の壁を利用して補強することができるので、建物の外観、使用性を殆ど変えずに補強できます。勿論、臭い、騒音振動、埃などはほとんど出ません。
05/3/14 JR高架橋補強工事写真JR東海道新幹線の高架橋補強が
200本を超えました。


SRF工法は、東海道新幹線の耐震補強工法として昨年4月に採用されましたが、静岡駅、名古屋駅、東京駅を始めとする各駅の高架橋柱の補強工事が実施され、2005年2月1日に200本目の補強が完了し、今後も多数の補強が予定されています。
05/3/09 3/26・27の2日間、「ちゃんと住むとこ考えよか展」に出展しました。
05/1/27 SRF補強柱が800本を超えました。
05/1/1 ダウンロードに『木造精密診断シート(Excelファイル)』を追加しました。
05/1/1 『2005年版 SRF工法設計施工指針 同解説 コンクリート棒部材編』を出版しました。
05/1/1 SRF補強柱が600本を超えました。
04/12/1 オンラインショップを開設しました。
04/11/9 SRF補強柱が500本を超えました。
04/09/13 SRF補強柱が360本を超えました。
04/05/25 SRF補強柱が243本を超えました。
04/01/09 微動診断特許(第36510616号)が登録されました。
03/11/12 SRF特許(第3484156号)が登録されました。
03/10/17にSRFの特許が登録されました。
03/11/12 SRF補強柱が、100本を超えました
SRF工法は、(財)日本建築防災協会の技術評価取得を契機に順調に普及しております。施工済みの柱は、11月10日時点で100本を超えました。現在計画中の柱は、約2500本です。
03/09/26 SRF工法がNETISに登録されました。
03/06/20 中部日本放送 ユーガッタ!CBC内でSRF工法が紹介されました。
03/06/17(火),中部日本放送18時からの番組 ユーガッタCBC内でSRF工法が紹介されました。
SRF工法のすばらしさを皆様に広く知っていただけることと思います。
03/02/25 「SRF補強技術」刊行。発売中!
2002年までのSRF補強技術を集大成した「SRF補強技術」を出版しました。「SRF補強技術」の紹介、ご購入申し込みは下記のページから承っております。
02/11/08 (財)日本建築防災協会から、SRF工法が技術評価を取得!
SRF工法が(財)日本建築防災協会から、建築物等の防災技術評価を取得しました。権威ある第三者機関によりその有効性を評価されたことにより、SRF工法の普及・発展に大きな弾みがつくものと期待されます。