構造品質保証研究所 サイトマップ Q&A お問い合わせ

微動による診断 セミナー・講習会・見学会 採用情報 オンラインショップ 会社案内
 
 

本書は、包帯補強(SRF工法)に関する総合的な解説書です。序章は、包帯補強の開発に至った経緯を紹介しています。 第1章は、包帯について説明します。第2章では、包帯で強靭な骨格を作る軸耐力設計法は、現行の方法に代わり、 世界各地に広がる膨大な数の構造物を地震被害から救い、資源と労力を節約する手段となり得ることを述べます。 第3章では、包帯補強は、目的と条件に応じて、仕上げ工事やリフォーム工事の感覚で行えることを、豊富な実例をもとに解説します。 付録には、包帯補強(SRF)の開発当初の文章を収禄しました。付録を除いて、構造物の地震対策に興味をお持ちの方であれば、 構造がご専門でなくてもご理解いただけるように努力しました。

 
価格
1冊 <定価> 1,000円 【税込1,100円】※送料別
・メール便対応可(2冊まで)


地盤は、常時、数ミクロンの振幅で振動(常時微動)しています。地盤構造、地震動の 増幅率等を常時微動観測データから推定する方法は実用化され、全国的に測定と分析が行 われています。地盤に支えられている建築物やインフラ施設(構造物)にも常時微動が伝 わっていて、構造物は、固有のモードで振動しています。本書は、微動から、耐震診断計 算で求める累積強度指標、現行規準で使っている層せん断力分布係数、また、SRF 工法で 設計指標としている損傷度等を実測する技術である微動診断の解説書です。なお、第4 章 には、微動診断に関連して、現行の耐震設計法の物理的な課題と合理的な耐震に向けての 提案を述べています。

目次
↑画像をクリックすると目次をご覧いただけます。
 
価格
1冊 <定価> 1,000円 【税込1,100円】※送料別
・メール便対応可(2冊まで)


鉄筋コンクリートに埋め尽くされた現代都市は、その老朽化と想定を超える地震で崩壊の危機にある。 現代の施設は、構造部分は被害が少なくとも仕上げ、設備、周辺施設やライフラインが被災すれば人命を危険に晒す。 本書は、地震動予測に頼ることなく、耐震は被覆で済ませることが可能であることを豊富な事例、実験と3.11の実績でしめす。 これは、貴重な人材と資源を、様々な危険の洗い出しと対策に向けて、活動期の厳しい震災を最少被害で切り抜ける道であることを具体的に示している。 専門家だけでなく、広く一般に呼びかける内容。

目次2 目次1
↑画像をクリックすると目次をご覧いただけます。


團紀彦氏(だん・のりひこ●建築家/都市計画家)より書評を頂きました。
“五十嵐俊一氏のSRF工法はこれまでの耐震技術の常識に新たな一頁を加える日本発の画期的な技術である。...”  【書評の続きを読む】

 
価格
1冊 <定価> 1,000円 【税込1,100円】※送料別
・メール便対応可(2冊まで)


2010年版建築物のSRF工法設計施工指針と解説及び2008年版SRF工法設計施工指針の改訂版として標記書籍を刊行しました。 土木、建築、RC系、木造、柱梁壁の構造補強からCB壁等の崩落防止、天井・設備等の落下転倒防止までの総合設計施工指針としてご活用いただけます。

 
価格
1冊 <定価> 4,000円 【税込4,400円】※送料別
インターネット割引価格 3,600円 【税込3,960円】※送料別
・メール便対応可(1冊まで)


【2015年版 第2刷 SRF工法設計施工指針と解説】
(定価:4,000円・税別)

【包帯補強】
(定価:1,000円・税別)
 
価格
1セット <定価> 5,000円 【税込5,500円】※送料別
インターネット割引価格 4,000円 【税込4,400円】※送料別


【耐震被覆による活動期の地震防災】
(定価:1,000円・税別)

【包帯補強】
(定価:1,000円・税別)

【微動診断】
(定価:1,000円・税別)
 
価格
1セット <定価> 3,000円 【税込3,300円】※送料別
インターネット割引価格 2,400円 【税込2,640円】※送料別


▲このページのトップ