マンションの地震対策に
新しい提案があります

1. 耐震診断でお困りの方

こんなお悩みありませんか?
耐震診断をしてもほとんどがNGになるらしい。
やる意味あるの?
耐震診断をしてNGになったらマンションの資産価値が下がってしまう。でも心配…。
耐震診断は助成金が出たとしても高額だし、時間もかかる
耐震診断をしてもほとんどがNGになるらしい。やる意味あるの?
耐震診断をしてNGになったらマンションの資産価値が下がってしまう。でも心配…。
耐震診断は助成金が出たとしても高額だし、時間もかかる

2. 耐震工事でお困りの方

こんなお悩みありませんか?
耐震診断と補強設計はしたけど、工事費用が高くてできない。1階のピロティ部分だけでも補強したい。
耐震工事をすると部屋の使い勝手や外観が変わってしまう
耐震工事中も、住み続けられるか心配。(粉じん、騒音、長期間の工事、一時的な立ち退きetc)
耐震診断と補強設計はしたけど、工事費用が高くてできない。1階のピロティ部分だけでも補強したい。
耐震工事をすると部屋の使い勝手や外観が変わってしまう
耐震工事中も、住み続けられるか心配。(粉じん、騒音、長期間の工事、一時的な立ち退きetc)

うちは耐震補強済み、新耐震の
マンションだから大丈夫!?

雑壁の被害
  • 雑壁の被害
  • 雑壁の被害

耐震補強済みや新耐震基準の建物といっても、建築基準法の要求性能は中地震時では建物が損傷しないこと、大地震時には人命を守ることです。大地震時には共用廊下やバルコニーの雑壁(非構造壁)は被害を受け、そのまま住み続けることが難しくなります。熊本地震でも多くの被害を受けてます。

ピロティの被害
ピロティの被害
ピロティ形式の建物は新旧耐震に関わらず大地震で被害を受けています。

ご依頼から診断・補強までの流れ

一般的な耐震診断・耐震改修では高額な耐震診断を実施し、出てきた補強案は住戸内の工事が発生したり、補強費用が高額になったりと、工事が進まない例が数多くあります。そこで、費用も安価で建物の実情に即した微動診断と収震補強(倒壊防止+使用継続性確保)を提案いたします。
微動診断は、多数の計測点で短期間での測定を行い結果を、即時に解析します。速報を出すことも可能です。微動診断結果と既往の報告書等の資料を分析し、1~2週間程度で、倒壊防止補強(If値による補強)と使用継続性補強を提案をさせていただきます。早急に倒壊防止補強を行いたいとのご希望でしたら、詳細な診断を省略した倒壊防止補強計画も選択できます。

■ マンションの補強をご検討中の方は、是非ご相談ください。