高弾性補強材と高弾性接着剤

高弾性補強材は従来の補強材に比べ優れています。

ポリエステルをベルト状に織った高弾性補強材を高弾性接着剤でコンクリートの表面に貼り付けることで、ひび割れに弾性的な復元力を与えます。つまり、地震のエネルギーを安定した変形の繰り返しに変換することで揺れを収める収震構造を造ります。
画像をクリックすると、SRFおよび炭素繊維での梁補強実験の様子がご覧いただけます。

  • SRF工法
  • 炭素繊維

この実験は、職業能力開発総合大学校 横濱茂之教授によって実施されました。

左のグラフは、鉄筋、炭素繊維、アラミド繊維と高弾性補強材のひずみと単位幅当たりの負担力の関係を示します。他の補強材が、破断したり、降伏して負担力が頭打ちになった以降もひずみに比例して負担力を向上させる性能が確認できます。

中央のグラフは、ひび割れ幅と単位幅当たりの負担力の関係を炭素繊維補強と比較して示しています。炭素繊維は、0.2mmから1.0mm程度の幅の僅かなひび割れで負担力が頭打ちになり、定着長を500mmにとった場合でも、2mm程度のひび割れで効果が無くなりますが、高弾性補強材は、10mm程度のひび割れでも安定して負担力を保持してます。

右のグラフは、無筋コンクリートの梁の横面に補強材を貼り付け、中央に荷重を加えた場合の荷重とたわみの関係です。炭素繊維は、梁の上側の圧縮領域でも剥がれ出し、下側の引張側では一気に剥がれて梁が崩壊しました。SRFは、引張領域でもほとんど剥がれず、大きなたわみでも梁の一体性を保持し、荷重を負担する優れた性能が確認されました。

耐久性も、炭素繊維補強と同等以上であることが確認されています(PDF 28k)

高弾性接着剤は、施工性と耐久性に優れ、人と環境にやさしい

施工性、効果の高さ、そして施工時の臭いにまで気を配った専用の接着剤を使用しています。

  • SRF工法(SRF20)
    1液性の無溶剤タイプ
    程よい硬度なので変形に耐えられる
    無臭
    SRF20はJAIA F☆☆☆☆【認定番号004956】を取得しました。
  • 従来の工法
    2液性のエポキシ樹脂
    非常に固いので変形に対応できない
    強い臭気がある

SRF工法は被覆材が単体で効果を発揮すること、接着が一部解除しても効果を連続的に持続することが特徴です。そこで、接着剤には部材表面や被覆材を破壊しない中強度で弾力性に富んだポリウレタン系の接着剤を使用します。1液性の無溶剤タイプのため、施工・品質管理が容易で、近年、シックハウス症候群で問題となっているホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなどの有害物質が発生せず、ビスフェノールAなどの環境ホルモン懸念物質も含まないため、安心してお使いいただけます。従来の2液混合型に比べ施工も遙かに容易です。

耐久性にも優れていることが確認されています(PDF 28k)